2020年12月31日

2020年の生徒募集概要

AE個別学習室(えまじゅく)は、1:1〜1:4の個別指導を行っています。茨城県水戸市、東海村、常陸太田市に教室があります。
代表の江間淳は、家庭教師・塾を20年以上やっています。「やり直しの中学英語を完成させる本」の著者で、翻訳も行っています。
所属講師には、男性・女性のプロ講師・社会人講師・学生講師がいます。ご要望に合わせて、担当講師を選定することが可能です。

この記事では、現在の募集内容の概要を掲載します。


■ 2020年の生徒募集

東海村教室、常陸太田教室では、2020年の生徒募集中です。
小学生・中学生・高校生・既卒生などあらゆるご依頼に対応可能です。

東海村教室では、卓球の生徒も同時募集しています。

卓風会ブログ


生徒さんや親御さんのご希望を叶えることを第一として授業を行っています。
学校や他塾様で「無理です」と言われるようなケースでも対応可能な場合があります。
まずはお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせはこちらからどうぞ


なお、基本的に先着順で決めていきますので、お問い合わせいただいたタイミングによっては、ご要望に添えない可能性があることをあらかじめご了承ください。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 00:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

オンライン授業ネット予約しやすくなりました

先日このブログでもお知らせしました、「オンライン授業お手軽コース(仮)」ですが、エキテンのシステムを用いてご予約できるようにしました。

AE個別学習室(えまじゅく)
https://www.ekiten.jp/shop_97969069/

自宅よりも集中できる!家庭教師のような個別指導が大好評♪
見学・体験無料■講師歴25年の個別指導のプロが在籍■5教科に対応■生徒の目標に合わせて個別カリキュラムを作成!複数人同時指導も歓迎

大学受験まで全教科対応可能です。
ご不明な点などありましたら、お気軽にご連絡ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 01:29| Comment(0) | えまじゅく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

中学英語「SVOCの文」

中学英語「SVOCの文」

「SVOCの文」と言っても、中学英語では文の要素について詳しくやらないので、代表例を覚えて使えるようにすればOKです。
詳しい文の要素を理解し覚える必要はありません。

例えば、

「私を幸せにする」→「 make me happy」
「犬をジョンと名付ける」→「name the dog John」
「彼をビルと呼ぶ」→「call him Bill」

などの表現を覚えればOKです。

ちなみに、これらの例のmake, name, callは動詞なので、主語や時制によってsがついたり、過去形になったりします。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 22:53| Comment(0) | 中学英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校数学(用語)「等差数列」

高校数学(用語)「等差数列」

★等差数列(arithmetical progression)

隣り合う項の差が一定の数である数列のこと。
数列の最初の項を「初項a」、次の項に行く度に加える数を「公差d」と表す。

主な公式は

一般項an=a+(n−1)d
和Sn=(n/2){2a+(n−1)d}

これら2つ。
nは項数なので、例えば「第100項目」ならばn=100を代入する。


いらないけど欲しい(笑)



関連問題
初項が3,公差が2の場合



江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:数学
posted by えま at 06:00| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

中学英語「疑問詞を使った疑問文の具体例」

中学英語「疑問詞を使った疑問文の具体例」

中学英語「疑問詞を使った疑問文」の作り方の続きとなります。

アマゾンで好評発売中の拙著「プロ家庭教師/翻訳者が教える「秘密の」中学英文法練習帳」より、疑問詞を使った疑問文の作り方の具体例を掲載してみたいと思います。



下線部を問う疑問文にする問題です。

@主語以外を疑問詞にする場合
P.70より
He went to Australia last week. (彼は先週オーストラリアに行きました)

下線部を問う疑問文にすると、「彼はいつオーストラリアに行きましたか?」という意味になります。
last weekは時間を表していて、「いつ」という意味なので疑問詞は「when」を使います。
文頭に疑問詞を置いて、その後は普通に疑問文にします。過去時制であること、didを入れたら動詞は原形になることに注意して書き換えてみると、

→When did he go to Australia?


A主語を疑問詞にする場合
P.18より
Her words made me happy. (彼女の言葉は私を嬉しくさせました)

下線部の「Her words」は主語で、これを疑問詞に置き換えます。「何が私は嬉しくさせましたか?」という意味になります。
主語が疑問詞になる場合は、語順は普通の文のままです。

→What made me happy?


疑問詞を使った疑問文の基本的な作り方は、以上の2パターンです。
疑問詞で表現したい語句が、主語なのか主語以外なのかによって、後ろに続く語句が変わることは理解しておいた方がいいと思います。
法則をしっかり把握した上で、文法や読解の練習をし、実用にも活かしていってください。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 22:00| Comment(0) | 中学英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN