2017年02月19日

「10秒でわかる高校数学」≪「命題と集合、データの分析」P.25 分散と標準偏差1≫

メルマガ「数I+αの一日一問」では、
アマゾンにて好評発売中の、「10秒でわかる高校数学」シリーズの問題を毎回1問ご紹介いたします。

今回は、新刊の

■ 10秒でわかる!数学1A「命題と集合」「データの分析」の考え方
URL→ http://amzn.to/2lnI9Wb

の問題を取り上げます。


■[問題]

 「次の表は、40人の生徒のテストの結果である。
┌──┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬──┐
│得点│0│1│2│3│4│5│6│7│8│9│10│ 計 │
├──┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼──┤
│人数│0│0│1│3│4│8│9│8│4│3│0│ 40 │
└──┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴──┘
 このデータの分散を求めよ。」


このときは何をすれば良いでしょうか?
あまり悩まず、パッと選択肢を選んで、次のページへ!


■[選択肢]

 {1} 平均値との差を求める

 {2} 偏差(平均値との差)の平均値を求める

 {3} 偏差(平均値との差)の2乗の平均値を求める

 {4} 偏差(平均値との差)の2乗の平均値を求め、その平方根を求める


↓書籍はコレ↓


↓メルマガはコレ↓
まぐまぐ・・・http://www.mag2.com/m/0000265032.html
メルマ・・・http://melma.com/backnumber_174796/


実際の書籍では、[選択肢の解答]や解説はもちろん、実際に解いた場合の
計算式や図表、関連問題とその解答なども掲載しています。

■ 10秒でわかる!数学1A「命題と集合」「データの分析」の考え方
URL→ http://amzn.to/2lnI9Wb

着目点や解き方、公式がどんどん身に付く!と好評です。
皆さんもぜひ使ってみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行者:AE個別学習室代表/プロ家庭教師/翻訳者の江間淳
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by えま at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.24 be動詞1 演習問題(5)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日19時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

≪P.24 be動詞1 演習問題(5)≫

( )を埋めてください。

(5) There ( ) two dogs in the garden. (庭園に2匹の犬がいた)


主語は「two dogs」なので・・・

------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2017年02月18日

本日配信のメルマガ。2013年センター英語第4問A 説明文の読解

本日配信のメルマガでは、2013年大学入試センター試験英語第4問Aを解説します。

■ 問題

第4問 次の問い(A・B)に答えよ。

A 次の文章を表を読み、下の問い(問1〜3)に対する答えとして[ 35 ]〜[ 37 ]
に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

The World Health Organization (WHO) has published a report on the
availability and distribution of human health resources around the world.
The World Health Report 2006 analyzes factors affecting countries' health
care environments. The data collected reveal a range of situations and
have helped WHO propose a long-term action plan for improving health care
offered in every country.
One of the key factors contributing to a country's health care conditions
is its numbers of health care workers. The report estimates the shortage
of these professionals at an alarming 4.3 million worldwide. It further
points out that the shortage is most severe in the poorest nations,
especially those located south of the Sahara Desert which are faced with
high rate of disease. As Table 1 shows, Senegal and Ghana, for example,
have very low numbers of doctors and nurses per 10,000 people.
Surprisingly, perhaps, countries such as Russia and Cuba actually have
higher proportions of medical professionals than some richer countries.
The systems for qualifying health care workers do differ from country to
country. Still these two countries clearly give priority to ensuring that
there are sufficient numbers of professionals.
Another important factor is a country's health care spending, shown in
Table 1 as a percentage of its gross domestic product (GDP), or the total
value of all its goods and services. Despite their lower proportions of
doctors, countries such as the USA, Sweden, and France spend much more on
health care, both as a percentage of GDP and as an actual amount, than
Russia and Cuba.
With these factors and other conditions in mind, WHO has proposed
solutions to the global shortage of health care workers. Areas of
particular concern include war-torn countries such as Somalia and
Afghanistan. Countries and organizations have provided financial aid in
the past. Because money donated has not always led to more spending in
health care, however, the report recommends a 10-year plan to help
countries build sustainable training systems. International cooperation is
vital to WHO's proposal; countries at risk must be able to rely on the
support of various global partners. Japan, the UK, and other countries are
expected to give assistance including medical knowledge. Perhaps WHO's
vision of "universal access to health care" can become a reality.

Table 1
Health Care Indicators by Country

http://www.a-ema.com/img/center2013eng4a.png

問1 Which of the following combinations represents the three countries
(A), (B), and (C) in Table 1? [ 35 ]
{1} (A) Ghana  (B) Somalia  (C) Russia
{2} (A) Ghana  (B) the USA  (C) Russia
{3} (A) Russia  (B) Somalia  (C) the USA
{4} (A) Russia  (B) the USA  (C) Ghana

問2 According to the report, which two aspects influence a country's
health care situation most? [ 36 ]
{1} Sustainable training systems and health care spending.
{2} Sustainable training systems and money donated.
{3} The numbers of health care workers and health care spending.
{4} The numbers of health care workers and money donated.

問3 Which of the following statements is NOT true? [ 37 ]
{1} The lack of health care workers worldwide is reported to be around 4.3
million.
{2} The proportion of doctors and nurses in higher in Sweden than in Japan.
{3} WHO's report includes an action plan to help countries with poor
health care systems.
{4} WHO's report proposes sending more doctors and nurses to poor
countries.


※マーク部分の□、太字は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)/プロ家庭教師の江間は、今のところ書籍を7冊
出しています。全て実際に授業で使用して、好評を得ています。

「やりなおしの中学英語を完成させる本」(総合科学出版)

「プロ家庭教師/翻訳者が教える『秘密の』中学英文法練習帳」
「プロ家庭教師・翻訳者が教える『最重要ポイントだけ』高校英文法問題集」
(前編・後編)
「10秒でわかる!高校数学1A『2次関数』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『三角比』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『命題と集合、データの分析』の考え方」(新刊)

下の6冊は電子書籍です。

全てアマゾンにて販売中です。
紙の書籍は全国書店やその他のオンラインショップでも販売中です。

■ 江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解答・解説

2013年第4問Aは、表についての分析の文章の内容に関する長文問題でした。

事実に基づいた問題なので、表と選択肢を見比べればだいたい見当はつきますが、
やはり、内容をしっかり把握することは大切です。


問1 表1の(A), (B)と(C)の3ヶ国を表す組合せは次のうちどれですか。[ 35 ]

{1} (A) Ghana  (B) Somalia  (C) Russia
{2} (A) Ghana  (B) the USA  (C) Russia
{3} (A) Russia  (B) Somalia  (C) the USA
{4} (A) Russia  (B) the USA  (C) Ghana

まず、ヘルスケアワーカーが少ないのはセネガルやガーナなので、表の(A)に入る
のはGhanaとわかります。

次に、医療従事者の割合が高いのはロシアやキューバなので、(C)にはRussiaが
入ります。

そして、(B)は、割合はそこそこだが、予算が多いところなので、the USAが入る。

ということで、2番が正解!


(以下略)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)では、生徒募集をしています。
来年度の入試に向けて、そろそろ家庭教師・個別指導を始めてみませんか?

・「やりなおしの中学英語を完成させる本」の著者、江間淳(代表)
・毎年江戸川取手中学にも合格者を出している、中学受験に強いK先生
・TOEICでも高得点を取得している北海道大学出身のT先生
・名門私立中学出身で、進学塾の教室長の経験もあるH先生
・江間淳の元教え子で、Jリーグのチームスタッフの経験もあるM先生

などが授業を担当します。
生徒さんのご希望を叶えることを最優先に考えて指導しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しくは http://www.a-ema.com/j/ をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今回の高校レベルの単語・熟語など

≪第1段落≫
organization:国連の機関のOはこれの場合が多い。「組織、機関」
WHO:World Health Organization「国連保健機関」
publish:本や文書を公にすること。「発行する、発表する」
availability:"available"の名詞形。「利用可能性」
distribution:"distribute"の名詞形。「分配、配達、区分、分布」
resource:カタカナのリソースも一般化してきた気がする。「資源、源泉」
around the world:"worldwide"や"all over the world"の類義語。「世界中で」
analyze:入試制度に関してもある程度のアナライズは必要。「分析(する)」
factor:"factory"の派生語。「要素」数学の「因数」もこれ。
affect:"influence"や"effect"などの類義語。「影響する」
environment:"situation"などの類義語。「(自然)環境、状況」
collect:"correct"と混同しないようにしよう!「集める」
reveal:"disclose"や"confess"などの類義語。「明らかにする、見せる」
a range of:"range"が「範囲、連山」などなので、「一連の〜」
situation:"environment"などの類義語。「状況、シチュエーション」
propose:"suggest"や"offer"などの類義語。「〜を提案する、プロポーズする」
long-term:この場合の"term"は期間。「長期間」
action plan:そのまま「アクションプラン」と言うことも。「行動計画」
improve:少しずつ良くしていく"kaizen"「改良する、改善する」
offer:"suggest"や"propose"などの類義語。「提供する、提案する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

に掲載します!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。

または、http://pmana.jp/pc/pm588.html をご利用下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------------------
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
posted by えま at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「10秒でわかる高校数学」≪「命題と集合、データの分析」P.5 集合の表し方≫

本日より、メルマガ「数I+αの一日一問」の配信を再開します。

配信内容は、以前とは変更になります。
アマゾンにて好評発売中の、「10秒でわかる高校数学」シリーズの問題を毎回1問ご紹介いたします。

本日配信分では、新刊の「命題と集合、データの分析」より、集合の表し方の問題を配信します。
こんな問題です。

■[問題]

 「1から12までの自然数の集合をUとする。
  Uに属する12の約数の集合をA,8の約数の集合をBとするとき、
  A∩Bを要素を書き並べて表せ。」

このときは何をすれば良いでしょうか?
あまり悩まず、パッと選択肢を選んで、次のページへ!


■[選択肢]

 @ ベン図を描いて、AとBの共通部分を答える

 A ベン図を描いて、AとBの少なくとも片方に入っている部分を答える

 B ベン図を描いて、AとBに含まれない部分を答える

 C ベン図を描いて、Uの要素を答える

↓書籍はコレ↓


↓メルマガはコレ↓
まぐまぐ・・・http://www.mag2.com/m/0000265032.html
メルマ・・・http://melma.com/backnumber_174796/


実際の書籍では、[選択肢の解答]や解説はもちろん、実際に解いた場合の
計算式や図表、関連問題とその解答なども掲載しています。

■ 10秒でわかる!数学1A「命題と集合」「データの分析」の考え方
URL→ http://amzn.to/2lnI9Wb

着目点や解き方、公式がどんどん身に付く!と好評です。
皆さんもぜひ使ってみてくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行者:AE個別学習室代表/プロ家庭教師/翻訳者の江間淳
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by えま at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日配信のメルマガ。2015年センター数学2B第4問 ベクトル

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学2B第4問を解説します。

■ 問題

第4問

 1辺の長さが1のひし形OABCにおいて、∠AOC=120°とする。辺ABを
2:1に内分する点をPとし、直線BC上に点QをOP⊥OQとなるようにとる。
    →  →  →  →
以下、OA=a,OB=bとおく。
                  →        →       →
(1) 三角形OPQの面積を求めよう。OP=([ア]/[イ])a+([ウ]/[イ])bで
ある。実数tを用いて
→      →   →         →     → →
OQ=(1−t)OB+tOCと表されるので、OQ=[エ]ta+bである。
    → →        →  →
ここで、a・b=[オ]/[カ],OP・OQ=[キ]であることから、t=[ク]/[ケ]
である。
           →          →
 これらのことから、|OP|=√[コ]/[サ],|OQ|=√[シス]/[セ]である。
よって、三角形OPQの面積S1は、S1=[ソ]√[タ]/[チツ]である。

(2) 辺BCを1:3に内分する点をRとし、直線ORと直線PQとの交点をTと
する。OTをaとbを用いて表し、三角形OPQと三角形PRTの面積比を
求めよう。

 Tは直線OR上の点であり、直線PQ上の点でもあるので、実数r,sを用いて
    →   →      →   →
   OT=rOR=(1−s)OP+sOQ

と表すと、r=[テ]/[ト],s=[ナ]/[ニ]となることがわかる。よって、
→          →       →
OT=([ヌネ]/[ノハ])a+([ヒ]/[フ])bである。

 上で求めたr,sの値から、三角形OPQの面積S1と、三角形PRTの面積S2
との比は、S1:S2=[ヘホ]:2である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2で、ベクトルの矢印は一部省略、
マーク部分の□は[ ]で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)/プロ家庭教師の江間は、今のところ書籍を7冊
出しています。全て実際に授業で使用して、好評を得ています。

「やりなおしの中学英語を完成させる本」(総合科学出版)

「プロ家庭教師/翻訳者が教える『秘密の』中学英文法練習帳」
「プロ家庭教師・翻訳者が教える『最重要ポイントだけ』高校英文法問題集」
(前編・後編)
「10秒でわかる!高校数学1A『2次関数』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『三角比』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『命題と集合、データの分析』の考え方」(新刊)

下の6冊は電子書籍です。

全てアマゾンにて販売中です。
紙の書籍は全国書店やその他のオンラインショップでも販売中です。

■ 江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次

 ◆1 まずはしっかり図を描く
 ◆2 内分ならば内分の公式


(以下略)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)では、生徒募集をしています。
来年度の入試に向けて、そろそろ家庭教師・個別指導を始めてみませんか?

・「やりなおしの中学英語を完成させる本」の著者、江間淳(代表)
・毎年江戸川取手中学にも合格者を出している、中学受験に強いK先生
・TOEICでも高得点を取得している北海道大学出身のT先生
・名門私立中学出身で、進学塾の教室長の経験もあるH先生
・江間淳の元教え子で、Jリーグのチームスタッフの経験もあるM先生

などが授業を担当します。
生徒さんのご希望を叶えることを最優先に考えて指導しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

詳しくは http://www.a-ema.com/j/ をご覧ください。

------------------------------------------------------------------------

■ 解説

 ◆1 まずはしっかり図を描く

2015年も、数学2B第4問はベクトルの問題が出題されました。

ベクトルでは特に、実際に図を描く事が大切です。
文章だけを見て「全然わからない」と思っていた事も、ちゃんと図を描くと
簡単に解決するかも知れませんよ!

さて、今回の問題ではまず「1辺の長さが1のひし形OABC」と言っています。
ひし形ということは、4辺の長さが等しい平行四辺形ですね。

そして「∠AOC=120°」と言っています。
∠AOC=120°ならば、その対角の∠ABCも120°で、残りの2角はともに
60°になります。

さらに、点Pは「辺ABを2:1に内分する点」で、
点Qは「直線BC上にOP⊥OQとなるように」とった点です。

これらの条件を確認しながら、しっかり図を描いてください。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆2 内分ならば内分の公式

では、今回の設問を見ていきます。

→  →  →  →
OA=a,OB=bとおく。

とあります。
この平面上のベクトルは、全てこのa,bを使って表すことができるという意識
は常に持っておくようにしましょう!
       →  → →
まず最初は、OPをa,bで表します。

点Pは「辺ABを2:1に内分する点」なので、aとbを使って、内分の公式を
利用することができます。(公式を使わなくてもできます)
    →  →
★ (na+mb)/(m+n)

これにm=2,n=1を代入すると、
  →  →           →     →
(2a+1b)/(2+1)=(2/3)a+(1/3)b

よって、[ア]=2,[イ]=3,[ウ]=1,[エ]=3


(以下略)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

解説の続き・解答や公式一覧などは・・・

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

数学1A2B本試験の全問題を詳細に解説。\540/月。初月無料。火・金配信。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
posted by えま at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.329 実力テスト4 誤所訂正(11)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日19時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

≪P.329 実力テスト4 誤所訂正(11)≫

つぎの英文の間違いをなおしてください。

(11) The train I'm waited for is now ten minutes late.


まずはよく意味を考えて・・・

------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2017年の生徒募集中です!どんなご依頼でも対応いたします

江間淳が運営する「AE個別学習室(えまじゅく)」では、3月スタートの生徒さんを募集しています。
茨中、江戸取などの私立中学受験はもちろん、日立一中などの公立中高一貫校の受験対策も行っています。

高校受験でも、茨城県内全域をカバーできる講師が在籍しています。
千葉県、東京都の高校受験対策も可能です。
中学校の定期テスト対策だけでなく、随時実施している模擬試験に基づいた志望校判定も参考にして、着実な指導を行っています。

大学受験対策でも、難関大学の受験対策まで含めて全教科の指導が可能です。
ちなみに、代表の江間淳は主に、英語、数学、理科(化学・物理)を担当しています。

大学生や社会人の方からのご依頼にも対応いたします。
英検・TOEIC、漢検対策、各種資格試験対策はもちろん、英文ライティングの添削、ご自身のレベルや目標に合ったカリキュラム作成と出題&添削なども可能です。

その他、可能な限りご希望に沿うよう全力を尽くします。
興味をお持ちの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    小中高生、大学受験生の英・数・化学・物理など

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

「10秒でわかる!数学1A命題と集合、データの分析の考え方」発売しました

新刊発売しました。



「10秒でわかる」シリーズの3作目です。
今回は「命題と集合」「データの分析」の単元です。

■ 目次

 第0章 はじめに
   0.1 この本のページ構成と使い方
   0.2 この本の使用例

 第1章 命題と集合
   1.1 集合の表し方
   1.2 命題の真偽
   1.3 必要条件・十分条件

 第2章 データの分析
   2.1 中央値
   2.2 四分位数と箱ひげ図
   2.3 分散と標準偏差@
   2.4 分散と標準偏差A
   2.5 共分散
   2.6 相関係数

 第3章 用語・公式・解き方一覧
   3.1 用語
   3.2 公式
   3.3 解き方・考え方


きっとお役に立てると思います。皆さんもぜひ使ってみてくださいね!
posted by えま at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 参考書・問題集紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日配信のメルマガ。2013年センター英語第1問AB 発音問題

本日配信のメルマガでは、2013年大学入試センター試験英語第1問ABを解説します。

■ 問題

第1問 次の問い(A・B)に答えよ。

A 下線部の発音がほかの三つと異なるものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから
一つずつ選べ。

問1 [ 1 ]
{1} g[e]nerate  {2} g[e]nius  {3} m[e]dium  {4} m[e]ter

問2 [ 2 ]
{1} ba[s]ic  {2} in[s]urance  {3} [s]erious  {4} [s]ymbol

問3 [ 3 ]
{1} cas[t]le  {2} sub[t]le  {3} ti[t]le  {4} tur[t]le


B 次の問い(問1〜4)において、第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つ
と[異なるもの]を、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

問1 [ 4 ]
{1} degree  {2} insect  {3} percent  {4} success

問2 [ 5 ]
{1} energy  {2} essential  {3} photograph  {4} relative

問3 [ 6 ]
{1} continue  {2} dynamic  {3} encourage  {4} hamburger

問4 [ 7 ]
{1} accurately  {2} architecture  {3} historical  {4} operator


※マーク部分の□、太字は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)/プロ家庭教師の江間は、今のところ書籍を6冊
出しています。
6冊とも実際に授業で使用して、好評を得ています。

「やりなおしの中学英語を完成させる本」(総合科学出版)

「プロ家庭教師/翻訳者が教える『秘密の』中学英文法練習帳」
「プロ家庭教師・翻訳者が教える『最重要ポイントだけ』高校英文法問題集」
(前編・後編)
「10秒でわかる!高校数学1A『2次関数』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『三角比』の考え方」

下の5冊は電子書籍です。

全てアマゾンにて販売中です。
紙の書籍は全国書店やその他のオンラインショップでも販売中です。

アマゾンで「江間淳」で検索してくださいね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解答・解説

第1問は発音問題が出題されています。

発音問題は、特に無理矢理そのための練習をするより、語彙力を高める中で、
自然と読み方を覚えていく。という方法が良いと思います。語彙力が充分に
あれば、発音記号などを暗記していなくても半分くらいは正解できます。
ほとんどの人にとってはそれで充分です。なので、第1問を勉強するときは、
発音問題としての正解・不正解より、語彙力のテストのつもりで取り組んでみる
のがオススメです!


問1 [ 1 ]
{1} g[e]nerate  {2} g[e]nius  {3} m[e]dium  {4} m[e]ter

1番が「エ」のような音、残りは「イー」のような音。

1番「生成する、発生させる」
2番「ジーニアス、天才」辞書のジーニアスは訳語の選択がジーニアスすぎる(笑)
3番「ミディアム、中間の(もの)」MサイズのMは"medium"の頭文字。
4番「メーター、メートル、計器」一つの単語なのにカタカナでは複数の言葉に
なってしまっている代表例。


(以下略)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

に掲載します!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。

または、http://pmana.jp/pc/pm588.html をご利用下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------------------
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
posted by えま at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学1A第4問 場合の数・確率

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学1A第4問を解説します。

ちなみに、現在執筆中の「命題と集合、データの分析」の電子書籍ですが、数日中に発売できる予定です。
ご期待ください。

■ 問題

2015年センター試験数1Aより

第4問〜第6問は、いずれか2問を選択し、解答しなさい。

第4問

 同じ大きさの5枚の正方形の板を一列に並べて、図のような掲示板を作り、
壁に固定する。赤色、緑色、青色のペンキを用いて、隣り合う正方形どうしが
異なる色となるように、この掲示板を塗り分ける。ただし、塗り分ける際には、
3色のペンキをすべて使わなければならないわけではなく、2色のペンキだけで
塗り分けることがあってもよいものとする。

掲示板→ □□□□□

(1) このような塗り方は、全部で[アイ]通りある。

(2) 塗り方が左右対称となるのは、[ウエ]通りある。

(3) 青色と緑色の2色だけで塗り分けるのは、[オ]通りある。

(4) 赤色に塗られる正方形が3枚であるのは、[カ]通りある。

(5) 赤色に塗られる正方形が1枚である場合について考える。
 ・どちらかの端の1枚が赤色に塗られるのは、[キ]通りある。
 ・端以外の1枚が赤色に塗られるのは、[クケ]通りある。
よって、赤色に塗られる正方形が1枚であるのは、[コサ]通りある。

(6) 赤色に塗られる正方形が2枚であるのは、[シス]通りある。


※分数は(分子)/(分母)、上付き・下付きの数字は半角で、xの2乗はx^2で、
マーク部分の□は[ ]、マル1は{1}で表記しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)/プロ家庭教師の江間は、今のところ書籍を6冊
出しています。
6冊とも実際に授業で使用して、好評を得ています。

「やりなおしの中学英語を完成させる本」(総合科学出版)

「プロ家庭教師/翻訳者が教える『秘密の』中学英文法練習帳」
「プロ家庭教師・翻訳者が教える『最重要ポイントだけ』高校英文法問題集」
(前編・後編)
「10秒でわかる!高校数学1A『2次関数』の考え方」
「10秒でわかる!高校数学1A『三角比』の考え方」

下の5冊は電子書籍です。

全てアマゾンにて販売中です。
紙の書籍は全国書店やその他のオンラインショップでも販売中です。

アマゾンで「江間淳」で検索してくださいね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次

 ◆1 選択問題が復活しました
 ◆2 まずは問題の設定を確認して
 ◆3 条件を限定しながら考える


(以下略)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)では、生徒募集をしています。

・「やりなおしの中学英語を完成させる本」の著者、江間淳(代表)
・毎年江戸川取手中学にも合格者を出している、中学受験に強いK先生
・TOEICでも高得点を取得している北海道大学出身のT先生
・江間淳の元教え子で、Jリーグチームのスタッフの経験もあるM先生

などが授業を担当します。

詳しくは http://www.a-ema.com/j/ をご覧ください。


------------------------------------------------------------------------

■ 解説

 ◆1 選択問題が復活しました

2015年は、第4問〜第6問が選択問題となりました。

第4問には、場合の数の問題が配置されました。

これは従来の第4問と同じ配置とも言えますが、分量は約半分になっています。
数学1Aで扱う項目が増えたので、幅広い数学の能力を試したいという意図かも
知れません。

いろいろと変更点はありましたが、難易度は大きな変化はなかったと思います。

今後も随時問題の形式は変わっていくでしょうから、目先が変わっても対応できる
実力をつけていきたいですね。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆2 まずは問題の設定を確認して

前置きはこの辺にして、実際に場合の数を求めていきましょう!

今回の問題は、番号順に問題を解いていくというよりは、「出せるものを出す」
と考えた方が良いかも知れません。

また、考え方は何通りも想定できるので、このメルマガと違うやり方でも、
とにかく「根拠を持ってわかる」ようになっていれば大丈夫です。

まずは問題の意味を確認してみましょう!

問題の意味としては要するに・・・

「一列に並んだ正方形を3色で塗り分ける」
「隣り合った正方形は違った色」
「2色でもよい」

というわけです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆3 条件を限定しながら考える

(1)では、「このような塗り方は、全部で[アイ]通りある」と言っています。

色は3色でも2色でもいいし、色の順番も何でもよいわけです。

あまりにもいろいろな条件が可能なので、まずは自分でいくつか条件を考えて
みます。例えば・・・

左から順に色を塗っていくとします。

すると、左端は3色のうちどれでも良いので、3通りの塗り方ができます。

その次、左から2個目はどうでしょうか?
特に条件がないから3通り・・・ではありません。

「隣り合う正方形は異なる色」なので、左端に使わなかった色でなければいけ
ません。

例えば、左端が赤なら、2個目は緑か青。
左端が緑なら、2個目は赤か青。
左端が青なら、2個目は赤か緑。
です。

ということは、最初の3通りの場合それぞれについて2通りずつの塗り方がある
と言えます。

そして、左から3個目について考えてみると・・・

やはり、直前に使わなかった色ならOKなので、2通りです。

4個目、5個目についても同様なので、

3×2×2×2×2=48通りの塗り方があるのですね!

よって、[アイ]=48


(以下略)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

解説の続き・解答や公式一覧などは・・・

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

数学1A2B本試験の全問題を詳細に解説。\540/月。初月無料。火・金配信。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
posted by えま at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:RYUことえま
年齢:39
職業:家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、ギタリスト、雀士
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!