2016年08月31日

本日配信のメルマガ。2013年センター英語第1問AB 発音問題

本日配信のメルマガでは、2013年大学入試センター試験第1問ABを解説します。

第1問は、単語の発音・アクセントの問題です。

第1問 次の問い(A・B)に答えよ。

A 下線部の発音がほかの三つと異なるものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから
一つずつ選べ。

問1 [ 1 ]
{1} g[e]nerate  {2} g[e]nius  {3} m[e]dium  {4} m[e]ter

問2 [ 2 ]
{1} ba[s]ic  {2} in[s]urance  {3} [s]erious  {4} [s]ymbol

問3 [ 3 ]
{1} cas[t]le  {2} sub[t]le  {3} ti[t]le  {4} tur[t]le


B 次の問い(問1〜4)において、第一アクセント(第一強勢)の位置がほかの三つ
と[異なるもの]を、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

問1 [ 4 ]
{1} degree  {2} insect  {3} percent  {4} success

問2 [ 5 ]
{1} energy  {2} essential  {3} photograph  {4} relative

問3 [ 6 ]
{1} continue  {2} dynamic  {3} encourage  {4} hamburger

問4 [ 7 ]
{1} accurately  {2} architecture  {3} historical  {4} operator


※マーク部分の□は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。

解説は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で読めます!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。
posted by えま at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学1A第3問 データの分析

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学1A第3問を解説します。

2015年は、第3問に「データの分析」が独立した大問として登場しました。

■ 問題

2015年センター試験数1Aより

第3問
[ 1 ] ある高校3年生1クラスの生徒40人について、ハンドボール投げの飛距離の
データを取った。次の図1は、このクラスで最初に取ったデータのヒストグラム
である。

http://www.a-ema.com/img/center2015math3a.png

(1) 次の[ア]に当てはまるものを、下の{0}〜{8}のうちから一つ選べ。

 この40人のデータの第3四分位数が含まれる階級は、[ア]である。

{0} 5m以上10m未満  {1} 10m以上15m未満
{2} 15m以上20m未満  {3} 20m以上25m未満
{4} 25m以上30m未満  {5} 30m以上35m未満
{6} 35m以上40m未満  {7} 40m以上45m未満
{8} 45m以上50m未満

(2) 次の[イ]〜[オ]に当てはまるものを、下の{0}〜{5}のうちから一つずつ選べ。
ただし、[イ]〜[オ]の解答の順序は問わない。

 このデータを箱ひげ図にまとめたとき、図1のヒストグラムと矛盾するものは、
[イ]、[ウ]、[エ]、[オ]である。

http://www.a-ema.com/img/center2015math3b.png

(3) 次の文章中の[カ]、[キ]に入れるものとして最も適当なものを、下の{0}〜{3}
のうちから一つずつ選べ。ただし、[カ]、[キ]の解答の順序は問わない。

 後日、このクラスでハンドボール投げの記録を取り直した。次に示したA〜D
は、最初に取った記録から今回の記録への変化の分析結果を記述したものである。
a〜dの各々が今回取り直したデータの箱ひげ図となる場合に、{0}〜{3}の
組合わせのうち分析結果と箱ひげ図が矛盾するものは、[カ]、[キ]である。

{0} A−a  {1} B−b  {2} C−c  {3} D−d

A:どの生徒の記録も下がった。
B:どの生徒の記録も伸びた。
C:最初に取ったデータで上位1/3に入るすべての生徒の記録が伸びた。
D:最初に取ったデータで上位1/3に入るすべての生徒の記録は伸び、下位1/3に
入るすべての生徒の記録は下がった。

http://www.a-ema.com/img/center2015math3c.png


[ 2 ] ある高校2年生40人のクラスで一人2回ずつハンドボール投げの飛距離の
データを取ることにした。次の図2は、1回目のデータを横軸に、2回目のデータ
を縦軸にとった散布図である。なお、一人の生徒が欠席したため、39人のデータと
なっている。

http://www.a-ema.com/img/center2015math3d.png

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|        | 平均値 | 中央値 | 分散 | 標準偏差 |
| 1回目のデータ | 24.70 | 24.30 | 67.40 |  8.21  |
| 2回目のデータ | 26.90 | 26.40 | 48.72 |  6.98  |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
| 1回目のデータと2回目のデータの共分散 | 54.30 |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 次の[ク]に当てはまるものを、下の{0}〜{9}のうちから一つ選べ。

 1回目のデータと2回目のデータの相関係数に最も近い値は、[ク]である。

{0} 0.67  {1} 0.71  {2} 0.75  {3} 0.79  {4} 0.83  
{5} 0.87  {6} 0.91  {7} 0.95  {8} 0.99  {9} 1.03


※分数は(分子)/(分母)、上付き・下付きの数字は半角で、xの2乗はx^2で、
マーク部分の□は[ ]、マル1は{1}で表記しています。


まずは自力で解けるところまで解いてみてください。自分なりの考えを持ちながら
解説を読むと、考え方をスムーズに習得でき、短期間でも大幅に実力アップ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)/プロ家庭教師の江間は、今のところ書籍を4冊
出しています。
4冊とも実際に授業で使用して、好評を得ています。

「やりなおしの中学英語を完成させる本」(総合科学出版)

「プロ家庭教師/翻訳者が教える『秘密の』中学英文法練習帳」
「プロ家庭教師・翻訳者が教える『最重要ポイントだけ』高校英文法問題集」
「10秒でわかる!高校数学1A『2次関数』の考え方」

下の3冊は電子書籍です。

全てアマゾンにて販売中です。
紙の書籍は全国書店やオンラインショップにて販売中です。

アマゾンで「江間淳」で検索してくださいね!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次


 ◆1 四分位数は四等分
 ◆2 第3四分位数は上半分の半分

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!

posted by えま at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

本日配信のメルマガ。2014年センター英語語句一覧

本日配信のメルマガでは、2014年大学入試センター試験英語の第1問〜第6問に登場した語句一覧を掲載します。

正確には数えていませんが、300個以上の語句の意味を簡単な解説つきで掲載しています。

例えば、第6問(1)はこのようになっています。

■ 2014年第6問

(1)
convenience:コンビニはコンビニエンスストア。「利便性、便利な物」
priority:プライオリティーが高い。とか言ったりする。「優先事項、最優先」
invent:今まで世になかった物を創り出すこと。「発明する」
device:"equipment"や"instrument"の類義語。「装置、デバイス」
performance:大道芸のようなパフォーマンス以外にも、「演奏、演技、実演」
orchestra:カタカナの「オーケストラ」で問題ない。
laboratory:いわゆる「ラボ」のこと。「研究所、実験室」
develop:すでに存在する物をより良くするかんじ。「発展する、発達する」
offer:文中では商品を「提供する、陳列する」その他に「提案(する)」など。
quality:日本製品はクオリティが高いと言われている。「品質、質」
instrument:"device"や"equipment"の類義語。「機器、楽器」
true-to-life:生命や実在に対して真実→「本物に近い、真に迫った」
product:お店で売られるために作られたもの。「製品、成果物、かけ算の積」
represent:re+present(出席、存在)で「代表する、表す」
focus:カメラや問題集の名前に使われている単語。「集中する、焦点」
development:"develop"の名詞形。「発展、発達」
technology:テクノロジーは善にも悪にもなりうると言われる。「(科学)技術」
improve:少しずつ着実に良くしていくかんじ。「改善する、改良する」
advance:文中では"improvement"の類義語。「進歩、前進、改良」
significant:"important"の類義語。「重大な、大幅な」
let O do:相手の邪魔をせずにそのまましておくかんじ。「Oにdoさせる」
get lost:lostな状態になる。「迷う、迷子になる」


続きは、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で読めます!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。
posted by えま at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

早稲田出身の石川先生もスケジュール調整可能です

いよいよ夏休みも終わりですね。
9月から(一部の学校は8月末頃から)学校が再開します。
それに伴い、生徒さんのスケジュール変更が少しあります。

上水戸教室の石川豊先生は、火曜日に空き時間ができます。

中学受験に強いK先生は、不定期ですが、若干名の生徒さんを受け入れ可能です。

その他にも、様々なご依頼に対応可能なプロ講師が待機しています。
近々学生講師も増員予定です。

興味をお持ちの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    小中高生、大学受験生の英・数・化学・物理など

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.228 文型1(第1文型〜第3文型) 演習問題(1)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日19時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

P.228 文型1(第1文型〜第3文型) 演習問題(1)

( )を埋めてください。
(1) Japanese names often (  ) (  ) nature.
(多くの日本人の名前は自然に由来する)


「由来する」→「〜から来る」と考えて・・・


------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2016年08月27日

本日配信のメルマガ。2014年センター英語第6問 長文問題

本日配信のメルマガでは、2014年大学入試センター試験英語第6問を解説します。

第6問は、毎年長文問題となっています。

第6問 次の文章を読み、下の問い(A・B)答えよ。なお、文章の左にある
(1)〜(6)は段落の番号を表している。

[Listening Convenience and Sound Quality: Is There Another Priority?]

(1) In 1877, Thomas Edison invented the phonograph, a new device that
could record and play back sound. For the first time, people could enjoy
the musical performance of a full orchestra in the convenience of their
own homes. A few years later, Bell Laboratories developed a new phonograph
that offered better sound quality; voices and instruments sounded clearer
and more true-to-life. These early products represent two major focuses in
the development of audio technology -- making listening easier and
improving the sound quality of the music we hear. The advances over the
years have been significant in both area, but it is important not to let
the music itself got lost in all the technology.

(2) Although the phonograph made listening to music much more convenient,
it was just the beginning. The introduction of the car radio in the 1920s
meant that music could be enjoyed on the road as well. Interest in
portable audio really started to take off in the 1980s with the
development of personal music players that allowed listeners to enjoy
music through headphones while walking outside. These days, we are able
to carry around hundreds of albums on small digital players and listen to
them with tiny earphones.

(3) Another factor affecting our enjoyment of music is its sound quality.
In the 1950s, the term "high fidelity," or "hi-fi" for short, was commonly
used by companies to advertise recordings and audio equipment providing
the highest possible quality of sound reproduction. Fidelity, meaning
truthfulness, refers to recording and reproducing music that is as close
as possible to the original performance. Ideally, if we listen to a
recorded symphony with our eyes closed, we feel as if we were in a concert
hall. Technological advances since the 1950s have resulted in modern
recording techniques and playback equipment that allow listeners to come
very close to the goals of high fidelity.

(4) Walking into an electronics store today, consumers are faced with an
amazing variety of audio technology. Someone looking for a portable system
can choose from hundreds of different earphones, headphones, and digital
players that come in a range of colors, shapes, and sizes. For audiophiles
-- music fans who see high fidelity as a priority -- a different section
of the store features a range of large speakers and heavy components, such
as CD players and amplifiers, that often come at high prices. Faced with
all this technology and so many choices, music fans often spend a great
deal of time researching and making decisions about the right equipment
for their listening needs.

(5) Even after the equipment is bought, the advances in audio technology
sometimes continue to take consumers' attention away from the music
itself. The convenience of portable system lets people listen to music
while doing something else, like jogging in the park or commuting to work.
In these settings, music may be partly lost in background noise, making it
hard for the listener to concentrate on it. In another case, audiophiles
may spend a considerable amount of time and energy testing and adjusting
their combination of components to achieve the highest standard of
fidelity.

(6) With so much technology available, actually listening to music can
sometimes feel like a secondary issue. We are lucky to be able to take
our favorite recordings with us on the train to work, but if we listen to
music while our attention is focused elsewhere, we miss much of its power.
Likewise, although it is good to have access to high-quality equipment, if
we worry too much about achieving perfect fidelity, technology itself
comes between us and the music. Music is an amazing and powerful art form,
and perhaps what is most important is to make time to sit and appreciate
what we hear. Thanks to the genius of Edison and other inventors, the
beauty of music is now more accessible than ever. It's up to us to stop
and truly listen.


A 次の問い(問1〜5)の[ 47 ]〜[ 51 ]に入れるのに最も適切なものを、
それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

問1 According to paragraph (1), Bell Laboratories' phonograph could
[ 47 ] than Thomas Edison's.
{1} be built more quickly and cheaply
{2} be operated with less difficulty
{3} play more musical instruments
{4} reproduce sound more realistically

問2 In paragraph (3), the author suggests that today's best audio
equipment [ 48 ].
{1} almost recreates the sound quality of a live concert
{2} is used to play live music in the best concert halls
{3} makes recordings sound better than original performances
{4} reproduces great performances from the 1950s

問3 According to paragraph (4), audiophiles are people who [ 49 ].
{1} care deeply about the quality of music reproduction
{2} perform in symphonies in good concert halls
{3} prefer live concerts to recorded performances
{4} work at shops that sell the best audio equipment

問4 Based on paragraph (5), which of the following is true? [ 50 ]
{1} Background noise often helps people concentrate on music.
{2} Portable audio systems tend to create background noise.
{3} Setting up a hi-fi system can take a great amount of effort.
{4} The busier people are, the more the appreciate music.

問5 The author's main point in paragraph (6) is that [ 51 ].
{1} audiophiles tend to enjoy listening to music on portable devices
{2} convenience is an important factor in buying audio equipment
{3} music is the primary consideration, regardless of technology
{4} portable equipment will likely replace high-fidelity equipment


B 次の表は、本文の段落と内容をまとめたものである。[ 52 ]〜[ 55 ]に入れる
のに最も適当なものを、下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選び、表を完成させよ。
ただし、同じものを繰り返し選んではいけない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|Paragraph|     Content      |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|  (1)  |The goals of audio technology|
|  (2)  |      [ 52 ]      |
|  (3)  | The idea of high fidelity |
|  (4)  |      [ 53 ]      |
|  (5)  |      [ 54 ]      |
|  (6)  |      [ 55 ]      |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

{1} Advances in music listening convenience
{2} Concerns about the focus of music listeners
{3} The value of giving music your full attention
{4} The wide selection of audio products for sale


※マーク部分の□は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。


■ 解答・解説

(第6問Aは省略します)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

第6問Bは、各段落の要点を選ぶ問題です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|Paragraph|     Content      |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
|  (1)  |The goals of audio technology|
|  (2)  |      [ 52 ]      |
|  (3)  | The idea of high fidelity |
|  (4)  |      [ 53 ]      |
|  (5)  |      [ 54 ]      |
|  (6)  |      [ 55 ]      |
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この表に、適切な内容を入れていきます。

{1}音楽鑑賞の利便性の発展
→蓄音機から携帯プレーヤーまでの発展を述べているのは、(2)

{2}音楽リスナーの注意についての懸念
→技術が逆に注意力をそいでいると述べているのは、(5)

{3}音楽に注意力を全て向けることの価値
→技術と音楽では音楽の方が重要で、ちゃんと音楽を聴こうと述べているのは、(6)

{4}発売中のオーディオ商品の幅広い選択肢
→様々なオーディオ機器に言及しているのは、(4)

ということで・・・


その他の問題は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で御覧ください!

posted by えま at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学2B第3問 数列

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学2B第3問を解説します。

難しめの数列の問題でした。

■ 問題

2015年センター試験数2Bより

第3問

 自然数nに対し、2^nの一の位の数をanとする。また数列{bn}は
  b1=1,bn+1=(an・bn)/4 (n=1,2,3,…)………{1}

を満たすとする。

(1) a1=2,a2=[ア],a3=[イ],a4=[ウ],a5=[エ]である。
このことから、すべての自然数nに対して、a[オ]=anとなることがわかる。
[オ]に当てはまるものを、次の{0}〜{4}のうちから一つ選べ。

{0}5n  {1}4n+1  {2}n+3  {3}n+4  {4}n+5


(2) 数列{bn}の一般項を求めよう。{1}を繰り返し用いることにより

  bn+4=(an+3・an+2・an+1・an/2^[カ])bn (n=1,2,3,…)

が成り立つことがわかる。ここで、an+3・an+2・an+1・an=3・2^[キ]で
あることから、bn+4=([ク]/[ケ])bnが成り立つ。このことから、自然数kに
対して

b4k-3=([コ]/[サ])^(k-1),b4k-2=([シ]/[ス])([コ]/[サ])^(k-1)
b4k-1=([セ]/[ソ])([コ]/[サ])^(k-1),b4k=([コ]/[サ])^(k-1)

である。


(3) Sn=Σ[j=1〜n]bjとおく。自然数mに対して

  S4m=[タ]([コ]/[サ])^m−[チ]

である。

(4) 積b1b2…bnをTnとおく。自然数kに対して

b4k-3・b4k-2・b4k-1・b4k=(1/[ツ])([コ]/[サ])^[テ](k-1)

であることから、自然数mに対して

  T4m=(1/[ツ]^m)([コ]/[サ])^([ト]m^2−[ナ]m)

である。また、T10を計算すると、T10=3^[ニ]/2^[ヌネ]である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、数列{an}のn+1項目はan+1、
一般項n^2の初項から第n項までの数列の和はΣ[k=1〜n]k^2、マル1は{1}、
マーク部分の□は[ ]で表記しています。


■ 解説目次


 ◆1 簡単な問題が集まっただけ
 ◆2 まずは実際にやってみる
 ◆3 やはり実際にやってみる
 ◆4 anは周期的に数字が変わる

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!
posted by えま at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.224 前置詞(その他) 演習問題(12)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日19時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

P.224 前置詞(その他) 演習問題(12)

英語になおしてください。
(12) 次回まで待ちましょう。


前置詞のことは気にせず、普通に英訳する方が良いかも知れません。


------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2016年08月24日

高校英語の後編は、9月中の発売を目指します

いよいよ夏休みも終盤です。
一部の学校では、すでに終わっています。
終わっている人もそうでない人も、限られた時間を無駄にしないよう、効果的に使っていきたいですね。

などと言っている自分ですが、久しぶりにテキストの執筆を再開しました。
今教えている生徒さんに使ってもらいながら、できるだけ良いものを作って、一般販売を目指したいと思います。

今書いているのは、この本の続編です。


posted by えま at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日配信のメルマガ。2014年センター英語第2問C 並べ替え問題

本日配信のメルマガでは、2014年大学入試センター試験英語第2問Cを解説します。
並べ替え問題です。

第2問 次の問い(A〜C)に答えよ。

C 次の問い(問1〜3)において、それぞれ下の{1}〜{6}の語を並べかえて空所を
補い、最も適当な文を完成させよ。解答は[ 21 ]〜[ 26 ]に入れるものの番号のみ
を答えよ。

問1
Dan: How did your health check go?
Mike: Not bad, but the doctor __ [ 21 ] __ __ [ 22 ] __.
{1} advised  {2} exercise  {3} get  {4} me  {5} regular  {6} to

問2
Ken: Do you think your parents will let you study abroad?
Peg: I'm not sure, but I __ [ 23 ] __ __ [ 24 ] __.
{1} can  {2} hope  {3} I  {4} into  {5} talk  {6} them

問3
Kazuki: I have to work late tonight, and I may not get back until 10 p.m.
Penny: It'll rain tonight. Don't __ [ 25 ] __ __ [ 26 ] __.
{1} caught  {2} get  {3} in  {4} rain  {5} the  {6} without


解説は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で読めます!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。
posted by えま at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学第2問[2] 三角比

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学1A第2問[2]を解説します。

三角比の問題です。

2015年センター試験数1Aより

第2問

[ 2 ] △ABCにおいて、AB=3,BC=5,∠ABC=120°とする。

このとき、AC=[オ],sin∠ABC=√[カ]/[キ]であり、

sin∠BCA=[ク]√[ケ]/[コサ]である。

 直線BC上に点Dを、AD=3√3かつ∠ADCが鋭角、となるようにとる。
点Pを線分BD上の点とし、△APCの外接円の半径をRとすると、Rのとり得る
値の範囲は[シ]/[ス]≦R≦[セ]である。


■ 解説目次


 ◆1 三角比はx,y,rで理解するのがオススメ
 ◆2 できるだけ正確な図を描こう
 ◆3 2辺とはさむ角なら余弦定理

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!

posted by えま at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

本日配信のメルマガ。2014年センター英語第5問 2人の話の読解

本日配信のメルマガでは、2014年大学入試センター試験英語第5問を解説します。

2人の人物の文章を比較しながら読む問題です。

第5問 スペイン人画家のSalvadorには、日本生まれのChitoseという孫がいる。
Chitoseはかつて、Salvadorに絵のレッスンを受けていた。次の文章は、Salvadorの
日記と、Chitoseが彼に宛てた手紙である。文章を読み、下の問い(問1〜5)の
[ 42 ]〜[ 46 ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから
一つずつ選べ。

[Salvador's Diary]
March 30, 2012

Our last lesson was a disaster. Chitose and I had a huge fight. She
arrived at the studio smiling and said, "Look Grandpa, I painted this
portrait of you." The man in the portrait had a lot of hair, stood
straight, looked young, and smiled. She might be talented enough to
attend an art college in France, but she has a big weakness as an artist.
When she paints a person, too often she paints an idealized image rather
than the real person. I had been explaining this point to her for several
months, but she just wouldn't listen. I got a little angry and said to
her, "This is not me, and you are not a real artist." She got angry too
and said she didn't care because she didn't need me as a teacher anymore.
I then showed her the portrait I had painted as her farewell gift and
said, "This is the real you!" She took one look at it, said, "No, it
isn't!" and left.

I gave the portrait of Chitose to her parents thinking they would
appreciate it. I had done the portrait a couple of months before Chitose
started changing her style, and I think it shows the high school student
I taught for two years. When I painted it, she still had her natural curly
hair, not her straight perm. She was not wearing all the accessories she
has now, including the ring-shaped earrings she loves. She also never wore
makeup then. This was a Chitose with a fantastic future who knew she was
still an amateur artist. I understand that she is getting older and wants
to act and look more like an adult. However, she seems to think that being
an adult means that you stop listening to others. She will never become a
great artist if she stops learning.


[A Letter to Salvador]
March 25, 2013

Dear Grandpa Sal,

I know this is late but I wanted to say that I am sorry for what happened
the last time we met. In our last lesson, I didn't listen to you because
I thought that you still saw me as a kid. I looked at how you painted me
in the portrait and this confirmed my belief. I was so hurt that I just
left without taking your gift.

You don't know this, but Mom secretly put the portrait into one of my
suitcases when I left home for France. When I found it, I was still upset
so I hid it in my closet. I didn't think about the portrait for a while,
but I rediscovered it by chance a couple of months ago. Looking at it, I
saw a Chitose who was willing to listen in order to improve her art. I
realized that the Chitose I'd become was different. She wanted to prove
to everyone that she was an adult and had stopped listening to others.
Until then, I'd been really struggling in my art classes, but after I
realized my weakness, I started learning again and my art got much better.
You will always be my teacher, Grandpa.

I remember the portrait I showed you in our last lesson. You didn't like
it and told me to paint you as I saw you. What you taught me that day
makes sense to me now. I should paint things as they actually are and
then their true beauty will shine.

I've painted a portrait of us and am sending you a photo of it. It
actually won first prize in my city's young artists competition. As you
can see, I've painted myself like you did, as Chitose the high school
student with a lot of potential. I've also painted you as I really see
you. Your wrinkles are proof of your wisdom. The cane shows your will to
overcome your physical challenges. Your bent back shows that you have
poured all your strength into what you love the most: your art and me.
Thank you, Grandpa.

Love,
Chitose


問1 Salvador wanted Chitose to [ 42 ]
{1} appreciate things for how they are
{2} dress more like an artist
{3} find another art teacher
{4} paint young-looking people

問2 In the last lesson, Chitose didn't accept the portrait because she
believed her [ 43 ].
{1} family would appreciate it more than she would
{2} family would not like her style
{3} grandfather did not respect her as an adult
{4} grandfather was not a very good artist

問3 Which of the following is true? [ 44 ]
{1} Chitose gave the portrait made by Salvador to her parents.
{2} Chitose painted the new portrait before writing the letter.
{3} It took Salvador two years to make Chitose's portrait.
{4} Salvador painted the portrait after Chitose changed her appearance.

問4 What is the most likely reason for the improvement in Chitose's
art? [ 45 ]
{1} She learned a lot from entering the competition.
{2} She started to be open to other people's ideas again.
{3} She stopped wearing makeup and earrings.
{4} She tried to influence other adults' opinions.

問5 Which of the following pictures best matches the description of the
portrait in the photo Chitose sent to her grandfather? [ 46 ]

(ここでは図は省略します)

解説は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で御覧ください!
posted by えま at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学2B第2問 微分積分

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学2B第2問を解説します。

微分積分に関する問題です。

第2問

(1) 関数f(x)=(1/2)x^2のx=aにおける微分係数f'(a)を求めよう。
hが0でないとき、xがaからa+hまで変化するときのf(x)の平均変化率は
[ア]+h/[イ]である。したがって、求める微分係数は

  f'(a)=lim[h→[ウ]]([ア]+h/[イ])=[エ]

である。

(2) 放物線y=(1/2)x^2をCとし、C上に点P(a,(1/2)a^2)をとる。
ただし、a>0とする。点PにおけるCの接線lの方程式は

  y=[オ]x−(1/[カ])a^2

である。直線lとx軸との交点Qの座標は([キ]/[ク],0)である。
点Qを通りlに垂直な直線をmとすると、mの方程式は

  y=([ケコ]/[サ])x+[シ]/[ス]

である。


 直線mとy軸との交点をAとする。三角形APQの面積をSとおくと

  S=a(a^2+[セ])/[ソ]

となる。
また、y軸と線分APおよび曲線Cによって囲まれた図形の面積をTとおくと

  T=a(a^2+[タ])/[チツ]

となる。

 a>0の範囲におけるS−Tの値について調べよう。

  S−T=a(a^2−[テ])/[トナ]

である。a>0であるから、S−T>0となるようなaのとり得る値の範囲は
a>√[ニ]である。またa>0のときのS−Tの増減を調べると、S−Tは
a=[ヌ]で最小値[ネノ]/[ハヒ]をとることがわかる。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、マーク部分の□は[ ]で表記して
います。


■ 解説目次


 ◆1 導関数は傾きを表す
 ◆2 極値では導関数の値(=微分係数)が0
 ◆3 平均変化率=変化の割合
 ◆4 微分ならh→0

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!

posted by えま at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.220 前置詞(時間) 発展問題(4)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日21時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

P.220 前置詞(時間) 発展問題(4)

指示に合わせて書き換えて日本語になおしてください。

(4) 主語を「友達と私」にして同じ内容に:
I sometimes play tennis with my friends.


主語が変わるので、文の形も大幅に変わります。


------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2016年08月17日

本日配信のメルマガ。2014年センター英語第2問B

お盆前後は、このブログの更新を休みがちでした。
メルマガの配信は通常通り行っています。

本日は、2014年大学入試センター試験英語第2問Bの解説をします。

第2問 次の問い(A〜C)に答えよ。

B 次の問い(問1〜3)の会話の[ 18 ]〜[ 20 ]に入れるのに最も適当なものを、
それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

問1 
Martha: What do you want to do this afternoon?
Ed: Well, how about going to that new movie?
Martha: Sure. It starts at three o'clock, doesn't it? I'll be ready.
Ed: On the other hand, we haven't played tennis for a long time.
Martha: Oh, come on! [ 18 ] Either is fine with me.

{1} Change your mind.
{2} Make up your mind.
{3} Mind your manners.
{4} Open your mind.


問2
Yukie: Jean, you look really tired. What's wrong?
Jean: Well, I went out with Sally last night. We started talking about
baseball and she wouldn't stop.
Yukie: Were you the first to mention baseball?
Jean: Well... Yes, I was.
Yukie: Oh, dear. [ 19 ] You know she never stops talking about her
favorite team.
Jean: Right. I know that now.

{1} You couldn't have listened to her.
{2} You mustn't make her so angry.
{3} You shouldn't have done that.
{4} You'd better not leave her alone.


問3
Mother: Jack, I just finished washing your school uniform, and found your
cellphone in the washing machine. It's broken!
Jack: Oh, no. I have to call Bob now.
Mother: That's not the point! I just bought it for you last week!
Jack: Oh, yeah. I'm so sorry. But Mom, how am I going to call him?
Mother: [ 20 ] We'll talk about your carelessness later.

{1} Buy him a new phone.
{2} I'll call you soon.
{3} Just use my phone.
{4} Tell him to wait for me.


解説は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

で読めます!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。

posted by えま at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.219 前置詞(時間) 演習問題(14)≫

お盆でもメルマガ配信は休みません!(笑)
メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、本日19時頃配信予定です。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

P.219 前置詞(時間) 演習問題(14)

英語になおしてください。

(14) そのオフィシャルサイトは3月1日にオープンする予定です。


英作文は、まずは主語述語を意識するとやりやすいと思います。


------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2016年08月12日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学2B第1問[2] 指数方程式

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学2B第1問[2]を取り上げます。

指数方程式に関する問題です。

第1問

[ 2 ] a,bを正の実数とする。連立方程式

(*){x・√(y^3)=a
  {x^(1/3)・y=b

を満たす正の実数x,yについて考えよう。

(1) 連立方程式(*)を満たす正の実数x,yは

 x=a^[ス]・b^[セソ],y=a^p・b^[タ]

となる。ただし

 p=[チツ]/[テ]

である。

(2) b=2(a^4)^(1/3)とする。aがa>0範囲を動くとき、連立方程式(*)を
満たす正の実数x,yについて、x+yの最小値を求めよう。

 b=2(a^4)^(1/3)であるから、(*)を満たす正の実数x,yは、aを用いて

x=2^[セソ]・a^[トナ],y=2^[タ]・a^[ニ]

と表される。したがって、相加平均と相乗平均の関係を利用すると、x+yは
a=2^qのとき最小値√[ヌ]をとることがわかる。ただし

 q=[ネノ]/[ハ]

である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、累乗根は分数の指数で、マル1は{1}、
マーク部分の□は[ ]で表記しています。

■ 解説目次


 ◆1 分数の指数はルート、マイナスの指数は逆数
 ◆2 まずはなるべく簡単にして
 ◆3 代入できる形に変形

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!

posted by えま at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

「やりなおしの中学英語を完成させる本」≪P.218 前置詞(時間) 演習問題(3)≫

メルマガ英文法はじめから「やりなおしの中学英語を完成させる本」は、19時頃に配信しました。
書籍とともに活用してくださいね!

★ 書籍はコレ→http://amzn.to/2b1wLvT

------------------------------------------------------------------------

P.218 前置詞(時間) 演習問題(3)

( )を埋めてください。

(3) I ( ) seen him ( ) three years.
(3年間彼と会っていません)


前置詞というより、他の単元の問題と考えた方が良いかも知れません。


------------------------------------------------

★ 解答・解説・コメントはメルマガで!

「プロ家庭教師の江間です。」作成のオンラインコンテンツ
 http://www.a-ema.com/k/ica.htm

------------------------------------------------

英語・数学の電子書籍も発売中です。

江間淳の書籍

授業でも使用しています。好評です!

2016年08月09日

本日配信のメルマガ。2015年センター数学1A第1問 2次関数

本日配信のメルマガでは、2015年大学入試センター試験数学1A第1問の解説をします。

2015年は、第1問に2次関数の問題が配置されました。

2015年センター試験数1Aより

第1問

 2次関数

   y=−x^2+2x+2・・・{1}

のグラフの頂点の座標は([ ア ],[ イ ])である。また

   y=f(x)

はxの2次関数で、そのグラフは{1}のグラフをx軸方向にp,y軸方向にqだけ
平行移動したものであるとする。

(1) 下の[ ウ ],[ オ ]には、次の{0}〜{4}のうちから当てはまるものを一つずつ
選べ。ただし、同じものを繰り返し選んでもよい。

{0} >  {1} <  {2} ≧  {3} ≦  {4} ≠

 2≦x≦4におけるf(x)の最大値がf(2)になるようなpの値の範囲は

   p[ ウ ][ エ ]

であり、最小値がf(2)になるようなpの値の範囲は

   p[ オ ][ カ ]

である。

(2) 2次不等式f(x)>0の解が−2<x<3になるのは

   p=[キク]/[ケ],q=[コサ]/[シ]

のときである。

■ 解説目次


 ◆1 一般形と標準形の使い分け
 ◆2 頂点といえば平方完成
 ◆3 「1行とばして」平方完成
 ◆4 2乗の項に係数があるならくくる
 ◆5 標準形のp,qは頂点の座標

(以下略)


解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

に掲載します。
初月無料です。まずはお気軽に読んでみてくださいね!

posted by えま at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

本日配信のメルマガ。2014年センター英語第3問A

本日配信のメルマガでは、2014年大学入試センター試験英語第3問Aを解説します。

2014年までは、第3問Aは、少し難しい語句の意味を選択肢から選ぶ問題でした。
新課程では、同じタイプの問題が、長文問題の中に配置されています。


第3問 次の問い(A〜C)に答えよ。

 A 次の問い(問1・問2)において、下線部の語句の意味を推測し、
[ 27 ]・[ 28 ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうち
から一つずつ選べ。

問1
Jane: How's Michelle doing? The last time I met her, she looked a little
depressed and said she was worried about her schoolwork.
Mary: I saw her yesterday, and she seemed absolutely [exuberant].
Jane: Really? I wonder what happened.
Mary: Well, she'd been worried about her math test, but she did really
well after all. Also, she's found a part-time job that she enjoys a lot.
Jane: That's great. I'm happy to hear that.

In this situation, [exuberant] means to be very [ 27 ].
{1} busy and stressed
{2} happy and energetic
{3} hard-working and healthy
{4} upset and nervous

問2
Jacob: How are your summer plans going? I heard you're going to travel
around South America with your friend.
Hiromi: Well, I'd made all the travel arrangements, was studying Spanish,
and had even started packing my bag. But suddenly, my friend told me she
couldn't go. So then I [got cold feet] and canceled the trip.
Jacob: Oh, too bad. It's a shame that you felt too anxious to travel alone.

In this situation, [got cold feet] means [ 28 ].
{1} became sick
{2} became thrilled
{3} lost control
{4} lost courage


解説は、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

でも読めます!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\540/月。最初の1ヶ月は無料です。
posted by えま at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:40
職業:家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN