2019年05月24日

書き換え英作文解答「助動詞」「過去形」「疑問詞」

書き換え英作文解答「助動詞」「過去形」「疑問詞」


ここは「You have to go straight.」の書き換え英作文の解答ページです。


直接このページに来た人はまずは問題ページへgo!





You have to go straight.(あなたはまっすぐ行かなければならない)


@「あなたはまっすぐ行かなくてもよい」という意味に→「〜しなくてもよい」は「have to」「need to」を否定する
You don't have to go straight.
またはYou don't need to go straight.
など


A「あなたはまっすぐ行ってはいけない」という意味に→「〜してはいけない」はmustを否定する
You mustn't go straight.
またはDon't go straight.
など


B「あなたはまっすぐ行きませんでした」という意味に→過去形の否定にする
You didn't go straight.


C「あなたはまっすぐ行ったことがありません」という意味に→現在完了形の否定にする
You have never gone straight.


D「なぜあなたはまっすぐ行かなかったのですか?」という意味に→「なぜ」なのでwhyを使って、疑問文に
Why didn't you go straight?
など



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ラベル:英語
posted by えま at 22:56| Comment(0) | 書き換え英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日配信のメルマガ。2019年センター数学2B第3問[ツ] 数列

本日配信のメルマガでは、2019年大学入試センター試験数学2B第3問を解説します。


【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html


リクエスト等ございましたら、mm@a-ema.comまでお知らせください。


■ 問題

2019年センター試験数2Bより

第3問

 初項が3,公比が4の等比数列の初項から第n項までの和をSnとする。また、
数列{Tn}は、初項が−1であり、{Tn}の階差数列が数列{Sn}であるような数列と
する。

(1) S2=[アイ],T2=[ウ]である。

(2) {Sn}と{Tn}の一般項は、それぞれ

  Sn=[エ]^[オ]−[カ]
  Tn=([キ]^[ク])/[ケ]−n−[コ]/[サ]

である。ただし、[オ]と[ク]については、当てはまるものを、次の{0}〜{4}のうち
から一つずつ選べ。同じものを選んでもよい。

{0} n−1  {1} n  {2} n+1  {3} n+2  {4} n+3

(3) 数列{an}は、初項が−3であり、漸化式

  nan+1=4(n+1)an+8Tn (n=1,2,3,…)

を満たすとする。{an}の一般項を求めよう。

 そのために、bn=(an+2Tn)/nにより定められる数列{bn}を考える。{bn}
の初項は[シス]である。

 {Tn}は漸化式

  Tn+1=[セ]Tn+[ソ]n+[タ] (n=1,2,3,…)

を満たすから、{bn}は漸化式

  bn+1=[チ]bn+[ツ] (n=1,2,3,…)

を満たすことがわかる。よって、{bn}の一般項は

  bn=[テト]・[チ]^[ナ]−[ニ]

である。ただし、[ナ]については、当てはまるものを、次の{0}〜{4}のうちから
一つ選べ。

{0} n−1  {1} n  {2} n+1  {3} n+2  {4} n+3

 したがって、{Tn},{bn}の一般項から{an}の一般項を求めると

  an={[ヌ]([ネ]n+[ノ])[チ]^[ナ]+[ハ]}/[ヒ]

である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、数列{an}のn+1項目はan+1、
一般項n^2の初項から第n項までの数列の和はΣ[k=1〜n]k^2、マル1は{1}、
マーク部分の□は[ ]で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

茨城県水戸市、常陸太田市、東海村の個別指導教室
「AE個別学習室(えまじゅく)」では、生徒募集をしています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
女性講師も指定可能です。対象は小学生〜高校生・浪人生。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

東海村教室では、全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も
同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次

 ◆1 等差数列と等比数列の用語・公式
 ◆2 S2は初項+第2項
 ◆3 公比>1なのでr−1に代入

(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

センター英語、数学を解説するブログを始めました!

■ センター数学を理由の理由まで解説するブログ
   http://centermath.seesaa.net/

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/

2016〜2018年のセンター試験本試験は全問の解説の掲載が完了しました!
ただいま、2019年の問題を更新中です!


紙の書籍、電子書籍もご利用ください。
中学・高校の英語・数学の書籍を出版しています。

★江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS


------------------------------------------------------------------------

■ 解説

◆1は省略します。


 ◆2 S2は初項+第2項

では今回の問題を確認してみましょう!

「初項が3,公比が4の等比数列の初項から第n項までの和をSn」と言って
います。

最初の設問では、この数列のS2を求めます。

初項が3,公比が4なので、S2=3+3×4=15

よって、[アイ]=15


・・・一応これでも正解ですが、続きの問題のことも考えると、ちゃんと公式を
使って求められるようにしておいた方がよいです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆3 公比>1なのでr−1に代入

◆1で触れたように、等比数列の和は

和Sn={a(r^n−1)}/(r−1)={a(1−r^n)}/(1−r)

で求められます。

今回の問題では、初項a=3,公比r=4,項数n=2なので・・・


(以下略)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

解説の続き・解答や公式一覧などは・・・

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

数学1A2B本試験の全問題を詳細に解説。\540/月。初月無料。火・金配信。


電子書籍版はこちら →→ http://amzn.to/2oZjEzX


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
                        無断転載・引用を禁じます。


=========================== お知らせ3 ===============================

5万人以上の利用実績がある勉強アプリ。英語・数学・化学など。
★印のものはGooglePlayでも公開中です。「江間淳」で検索してみてくださいね!

★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学2Bの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm743.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学3の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm730.html

★【高校英語】センター試験徹底トレーニング
 http://pmana.jp/pc/pm588.html

★【高校化学】読むだけでわかる!理論・無機・有機化学の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm603.html

【高校物理】読むだけでわかる!物理基礎・物理の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm729.html

【中学5科】高校入試の重要ポイント
 http://pmana.jp/pc/pm707.html
ラベル:数学
posted by えま at 20:38| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校物理「斜方投射」「水平到達距離」

高校物理「斜方投射」「水平到達距離」

地表の座標の原点Oにあった物体Aを初速度v1[m/s]、仰角θで右上方に投射する。重力加速度の大きさをg[m/s^2]として、次の問いに答えよ。


ここまでの記事→(1) 水平方向の初速度v1x,鉛直方向の初速度v1yをそれぞれ求めよ。
(2) この物体Aが最高点に到達するまでの時間t[s]とその高さh[m]を求めよ。


今回は

(3) この物体が何にも衝突せず地上に落ちたときの水平到達距離l[m]を求めよ。

これを解説します。

(2)で、最高点に達するまでの時間tは、t=v1sinθ/gであることがわかりました。
高校物理で考えるような理想的な放物運動では、最高点は飛行している時間のちょうど真ん中になるので、落下するまでの時間は最高点までの2倍、2t=2v1sinθ/g[s]です。

空中を飛んでいる間は、重力以外の力を受けないので、水平方向については等速直線運動と同じと考えます。
公式としては、x=v0tですが、つまり「みはじ」で計算することができます。

水平方向は初速度と同じ一定の速さで進むので、vx=v0xで、この場合はv1cosθですね。

x=v0tに、x=l,v0=v1cosθ,t=2v1sinθ/gを代入して、
l=(v1cosθ)×(2v1sinθ)/g
 =2(v1)^2・sinθcosθ/g

さらに、最後に、三角関数の2倍角の公式を用いて、(v1)^2・sin2θ/gとしても良いです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


posted by えま at 12:06| Comment(0) | 高校物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中学英語「関係代名詞」「目的格」

中学英語「関係代名詞」「目的格」

やり直しの中学英語を完成させる本P.197より

This is an important fact. We should understand it.

これらの2文を関係代名詞を使って1文につなげる問題です。

関係代名詞は代名詞と接続詞の働きをするので、名詞の修飾語になって2つの文をつなげることができます。
だから

まずは2文に共通する言葉を見つけて、
→1個目の文の名詞(先行詞)を言ったら、
→その直後に関係代名詞を置き、
→関係代名詞で指している言葉を消して2個目の文を言う
→他に言う語句が残っているなら言う

のようなやり方になります。
「関係代名詞で指している言葉を消して」というのは、そもそも関係代名詞がその代名詞のことも表しているので、再度言う必要はない。むしろ代名詞をそのまま言ってしまうと、矛盾が生じる。というわけです。

これに従ってやってみると、

「これは重要な事実です」「私たちはそれを理解するべきです」だから、factとitが共通しています。
→まずfactまでを言ってしまうので、This is an important fact
→直後に関係代名詞で、This is an important fact that
→itを消して続きを言って、This is an important fact that we should understand.
→他に言葉はないので完成!

ですね!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ラベル:英語
posted by えま at 10:23| Comment(0) | 中学英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書き換え英作文問題「助動詞」「過去形」「疑問詞」

書き換え英作文問題「助動詞」「過去形」「疑問詞」

You have to go straight.

@「あなたはまっすぐ行かなくてもよい」という意味に


A「あなたはまっすぐ行ってはいけない」という意味に


B「あなたはまっすぐ行きませんでした」という意味に


C「あなたはまっすぐ行ったことがありません」という意味に


D「なぜあなたはまっすぐ行かなかったのですか?」という意味に



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




解答・解説はこちら
ラベル:英語
posted by えま at 08:26| Comment(0) | 書き換え英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN