2019年09月06日

高校化学「工業的製法」「アンモニアソーダ法」

高校化学「工業的製法」「アンモニアソーダ法」

(@)の工業的製法を「アンモニアソーダ法(ソルベー法)」という。

5段階の反応からなり、一つの反応式にまとめると、以下の化学反応式で表される。

2(A)+(B)→(@)+CaCl2



まず初歩の段階では、上記の「何を原料として何ができるか」を覚えるのが良いと思います。
それがわかった上で、5段階の反応がどういったものかを理解しながら覚えていくのをおすすめしています。

1.塩化ナトリウムの飽和水溶液にアンモニアを吸収させ、二酸化炭素を吹き込むと、炭酸水素ナトリウムが沈殿する。
NaCl+H2O+NH3+CO2→NaHCO3+NH4Cl

2.炭酸水素ナトリウムを熱分解すると、炭酸ナトリウムが生じる。
2NaHCO3→Na2CO3+H2O+CO2

3.炭酸カルシウムを熱分解すると、酸化カルシウムが生じる。
CaCO3→CaO+H2O

4.酸化カルシウムに水を加えると、水酸化カルシウムが生じる。
CaO+H2O→Ca(OH)2

5.1で生じた塩化アンモニウムと4で生じた水酸化カルシウムを混合して加熱すると、アンモニアが発生する。
2NH4Cl+Ca(OH)2→CaCl2+2H2O+2NH3

さらに、2の反応で生じた二酸化炭素や5出生じたアンモニアは再利用され、非常に無駄の少ない反応経路となっていることも理解しておくとよいです。
自分で表が書けるくらいの理解・記憶を目指しましょう!
反応経路に関する問題はまた後日別の記事に掲載したいと思います。


この問題の解答はこのページ下に掲載します。


化学のセンター過去問まだの人は入手しておきましょう!





@炭酸ナトリウム(Na2CO3),ANaCl,BCaCO3

Na2CO3の工業的製法を「アンモニアソーダ法(ソルベー法)」という。

5段階の反応からなり、一つの反応式にまとめると、以下の化学反応式で表される。

2NaCl+CaCO3→Na2CO3+CaCl2



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 22:00| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校化学「工業的製法」「ハーバー・ボッシュ法」

高校化学「工業的製法」「ハーバー・ボッシュ法」

(@)の工業的製法を「ハーバー・ボッシュ法」という。

触媒を用いて高温高圧で(A)と(B)を直接反応させ、(@)を得る。



この反応は可逆反応で、高温高圧にすると平衡が(@)側に移動することを利用していると理解しておくと覚えやすいと思います。

やはり、高温高圧とは何度何Paくらいか?触媒は何か?などの詳しい内容は、以上をしっかり覚えた後に肉付けしていくようなイメージで覚えると良いと思います。


ちなみに「ハーバー・ボッシュ法にてアンモニアを生産→オストワルト法にて硝酸を生産」という関連もよく問われます。



この問題の解答はこのページ下に掲載します。


化学のセンター過去問まだの人は入手しておきましょう!





@アンモニア(NH3),A窒素(N2),B水素(H2)

NH3の工業的製法を「ハーバー・ボッシュ法」という。

触媒を用いて高温高圧でN2H2を直接反応させ、NH3を得る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 18:00| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生物「体液性免疫のしくみ」

高校生物「体液性免疫のしくみ」

体液性免疫のしくみについての次の文章の空欄に適語を入れよ。

体内に異物が侵入すると、(@)などが食作用によって異物を取り込む。
→(@)が細胞上に抗原を提示し、(A)が認識する。
→(A)は、同じ抗原を認識した(B)を活性化する。
→活性化した(B)が増殖し、(C)となり、大量の抗体をつくる。
→(D)により抗原抗体複合体ができ、抗原抗体複合体は(E)によって除去される。
→活性化した一部の(B)は(F)となり、体内に残る。



解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問生物+生物基礎


生物の書籍


@樹状細胞,AヘルパーT細胞,BB細胞,C抗体産生細胞,D抗原抗体反応,Eマクロファージ,F記憶細胞

体内に異物が侵入すると、樹状細胞などが食作用によって異物を取り込む。
→樹状細胞が細胞上に抗原を提示し、ヘルパーT細胞が認識する。
→ヘルパーT細胞は、同じ抗原を認識したB細胞を活性化する。
→活性化したB細胞が増殖し、抗体産生細胞となり、大量の抗体をつくる。
抗原抗体反応により抗原抗体複合体ができ、抗原抗体複合体はマクロファージによって除去される。
→活性化した一部のB細胞記憶細胞となり、体内に残る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 13:28| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校化学「工業的製法」「オストワルト法」

高校化学「工業的製法」「オストワルト法」

(@)の工業的製法を「オストワルト法」という。

高温で触媒を用いて(A)を酸化し、(B)を得る。
→(B)をさらに酸化して、(C)を得る。
→(C)を温水と反応させて、(@)を得る。


以上の反応を一つの式にまとめると、NH3+2O2→HNO3+H2Oとなります。

高温とは何度くらいか?触媒は何か?などの詳しい内容は、以上をしっかり覚えた後に肉付けしていくようなイメージで覚えると良いと思います。


ちなみにオストワルト法の原料となるアンモニアは、ハーバー・ボッシュ法にて窒素と水素から生産します。



この問題の解答はこのページ下に掲載します。


化学のセンター過去問まだの人は入手しておきましょう!





@硝酸(HNO3),Aアンモニア(NH3),B一酸化窒素(NO),C二酸化窒素(NO2)

硝酸の工業的製法を「オストワルト法」という。

高温で触媒を用いてNH3を酸化し、NOを得る。
NOをさらに酸化して、NO2を得る。
NO2を温水と反応させて、硝酸を得る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校化学「工業的製法」「接触法」

高校化学「工業的製法」「接触法」

(@)の工業的製法を「接触法」という。

触媒を用いて(A)を酸化してSO3を得る。
→SO3に(B)を付加して(@)を得る。



接触法の反応経路はまずは以上の流れを覚えるのが先決。この基本的な流れを覚えた上で、「本当はここはこうで・・・」と詳しい内容をマスターすれば良いと思います。


この問題の解答はこのページ下に掲載します。


化学のセンター過去問まだの人は入手しておきましょう!





@硫酸(濃硫酸),ASO2(二酸化硫黄),BH2O(水)

硫酸(濃硫酸)の工業的製法を「接触法」という。

触媒を用いてSO2を酸化してSO3を得る。
→SO3にH2Oを付加してH2SO4を得る。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 10:59| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生物「細胞性免疫」

高校生物「細胞性免疫」

空欄に適語を入れよ。

病原体などの異物を抗原として認識し、(@)が関与せずに(A)細胞などが感染細胞などを攻撃して排除する免疫反応を(B)という。


解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問生物+生物基礎


生物の書籍


@抗体,AキラーT,B細胞性免疫

病原体などの異物を抗原として認識し、抗体が関与せずにキラーT細胞などが感染細胞などを攻撃して排除する免疫反応を細胞性免疫という。


関連事項
主な白血球


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 10:00| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日配信のメルマガ。2018年センター数学1A第1問[1]

本日配信のメルマガでは、2018年大学入試センター試験数学1A第1問[1]を解説します。


【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html


リクエスト等ございましたら、mm@a-ema.comまでお知らせください。


■ 問題

2018年センター試験数1Aより

第1問

[1] xを実数とし

  A=x(x+1)(x+2)(5−x)(6−x)(7−x)

とおく。整数nに対して

  (x+n)(n+5−x)=x(5−x)+n^2+[ア]n

であり、したがって、X=x(5−x)とおくと

  A=X(X+[イ])(X+[ウエ])

と表せる。

 x=(5+√17)/2のとき、X=[オ]であり、A=2^[カ]である。


※分数は(分子)/(分母)、xの2乗はx^2、マーク部分の□は[ ]で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

茨城県水戸市、常陸太田市、東海村の個別指導教室
「AE個別学習室(えまじゅく)」では、生徒募集をしています。

1クラス4人までの少人数で、経験豊富なプロ講師の授業が受けられます。
女性講師も指定可能です。対象は小学生〜高校生・浪人生。
1回の授業では、基本的に英語または数学の1教科を集中的に指導します。
1:1の授業をご希望の方への特別コースもご用意しています。

東海村教室では、全国大会経験者による指導が受けられる卓球教室の生徒も
同時募集しています。

興味をお持ちの方は、まずは mm@a-ema.com までお問い合わせください。

家庭教師・塾のサイトと連絡先はここ → http://www.a-ema.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解説目次

 ◆1 素早くやり方を見抜くのが大切
 ◆2 6次式!?だけど焦らず内容を確認
 ◆3 イコールなので等しい

(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

ブログにて様々な問題を解説しています!

■ センター数学を理由の理由まで解説するブログ
   http://centermath.seesaa.net/

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/

■ 何でも解説するブログ(塾&家庭教師ブログ)
   http://a-ema.seesaa.net/


紙の書籍、電子書籍もご利用ください。
中学・高校の英語・数学の書籍を出版しています。

★江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS

------------------------------------------------------------------------

■ 解説

◆1は省略します。


 ◆2 6次式!?だけど焦らず内容を確認

まずは設問の意味をよく理解しましょう!

「xを実数としA=x(x+1)(x+2)(5−x)(6−x)(7−x)とおく」

とあります。
「xが合計6個あるので6次式!そんなの無理!パス!」という人もいると
思いますが、必ず数学1Aの範囲の知識で解ける問題になっているので、焦らず
続きの内容を確認していきましょう!

「整数nに対して (x+n)(n+5−x)=x(5−x)+n^2+[ア]n」

唐突に(?)Aとは異なる式が出てきました。
ここまで読んだだけでは全貌はつかめませんが、まずはこの等式を検討してみれば
いいのではないか?と考えてください。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 ◆3 イコールなので等しい

では、[ア]を含む等式を詳しくみていきましょう!

(x+n)(n+5−x)=x(5−x)+n^2+[ア]n

左辺には(x+n)(n+5−x)、右辺にはx(5−x)+n^2+[ア]nという式が
あり、イコールで結ばれています。

もう一度言います。「イコールで結ばれています」

イコールで結ばれているということは・・・


つづく


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

解説の続き・解答や公式一覧などは・・・

【高校数学】読むだけでわかる!センター数学の考え方
 http://www.mag2.com/m/0001641004.html

数学1A2B本試験の全問題を詳細に解説。\540/月。初月無料。火・金配信。


電子書籍版はこちら →→ http://amzn.to/2oZjEzX


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
                        無断転載・引用を禁じます。


=========================== お知らせ3 ===============================

5万人以上の利用実績がある勉強アプリ。英語・数学・化学など。
★印のものはGooglePlayでも公開中です。「江間淳」で検索してみてくださいね!

★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学2Bの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm743.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学3の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm730.html

★【高校英語】センター試験徹底トレーニング
 http://pmana.jp/pc/pm588.html

★【高校化学】読むだけでわかる!理論・無機・有機化学の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm603.html

【高校物理】読むだけでわかる!物理基礎・物理の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm729.html

【中学5科】高校入試の重要ポイント
 http://pmana.jp/pc/pm707.html
ラベル:数学
posted by えま at 08:27| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生物「獲得免疫」

高校生物「獲得免疫」

空欄に適語を入れよ。

侵入した異物の情報を(@)が認識し、その情報に基づいて異物を排除するしくみを(A)という。リンパ球のはたらきの違いにより、(B)と(C)に分類することができる。


解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問生物+生物基礎


生物の書籍


@樹状細胞,A獲得免疫,B体液性免疫,C細胞性免疫

侵入した異物の情報を樹状細胞が認識し、その情報に基づいて異物を排除するしくみを獲得免疫という。リンパ球のはたらきの違いにより、体液性免疫細胞性免疫に分類することができる。


体液性免疫のしくみについてはこちら


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 01:00| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN