2019年09月15日

高校化学「エタノール」「化学反応式」

高校化学「エタノール」「化学反応式」

次の化学反応式を書け。

(1) エタノールにナトリウムを加えると、水素を発生してナトリウムエトキシドを生じる。
(2) エタノールに酢酸と少量の濃硫酸を加えて温めると、酢酸エチルを生じる。


解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問





化学反応式なので、原子の数は反応の前後で増加も減少もしないことに気をつけます。組み合わせが変わるだけだから・・・と考えると、知らなくても何とかなる場合もあるはずです。


(1) エタノールにナトリウムを加えると、水素を発生してナトリウムエトキシドを生じる。
ナトリウムエトキシドは、エタノールのHがNaに置換したもの。
2C2H5OH+2Na→2C2H5ONa+H2


(2) エタノールに酢酸と少量の濃硫酸を加えて温めると、酢酸エチルを生じる。
エタノールと酢酸の間で脱水縮合が起こるので、
C2H5OH+CH3COOH→CH3COOC2H5+H2O


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 17:11| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校化学「炭化水素」「化学反応式」

高校化学「炭化水素」「化学反応式」

次の反応を化学反応式で表せ。

前の問題→炭化カルシウム,エチレンと臭素

(5) アセチレンが重合してベンゼンが生成した。
(6) 約140℃に加熱した濃硫酸にエタノールを加えた。


解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問





化学反応式なので、原子の数は反応の前後で増加も減少もしないことに気をつけます。組み合わせが変わるだけだから・・・と考えると、知らなくても何とかなる場合もあるはずです。


(5) アセチレンが重合してベンゼンが生成した。
アセチレンはC2H2,ベンゼンはC6H6だから・・・
3C2H2→C6H6

(6) 約140℃に加熱した濃硫酸にエタノールを加えた。
140℃の場合は、分子間脱水が起こり、ジエチルエーテルが生成します。
2C2H5OH→C2H5OC2H5+H2O

170℃の場合は分子内脱水が起こりエチレンが生じることとセットで覚えておくと良いと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 02:32| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN