2020年09月07日

本日配信のメルマガ。2016年センター英語第3問C

本日配信のメルマガでは、2016年大学入試センター試験英語第3問Cを解説します。


【高校英語】過去問攻略!センター英語
http://www.mag2.com/m/0001641009.html


■ 問題

第3問 次の問い(A〜C)に答えよ。

C 次の会話は、「異文化理解」をテーマとして、ある大学で行われた授業での
やりとりの一部である。[ 32 ]〜[ 34 ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ
下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

Professor: Good morning. I'm sure everyone did the homework reading, so
I want to begin today's class on intercultural communication. My first
question is "Why do we need to study intercultural communication?" Would
anyone like to answer?
Student 1: Yes, I'll try to answer that. People may think the way they do
things or the way they view the world is "natural" and "correct." When they
encounter someone doing things differently, they regard it as "strange" or
"wrong." Having an awareness of intercultural communication can help us
understand and deal with misunderstandings when they arise. I think it is
especially important these days because people travel overseas for many
reasons, such as work, study, or vacations. The opportunities to meet
people from other countries have increased greatly. With this increased
contact, there are more chances for trouble between people from different
cultures.
Professor: Right. As you said, studying intercultural communication is
useful because [ 32 ].

{1} intercultural knowledge encourages people to study in a foreign country
{2} some ways of living are considered to be more correct than others
{3} there were many more cases of intercultural communication in the past
{4} we can cope with cultural misunderstandings more easily and smoothly

Professor: Let's move on to the concept of "culture." You should know that
because culture is all around us all the time, it is difficult to define.
Therefore, we tend to discuss culture in terms of characteristics. Can
anyone give an example of a cultural characteristic?
Student 2: The characteristic I found interesting is that people belonging
to a culture have the same values, beliefs, and behaviors. Values are
things that are felt to be of worth, like the Japanese concept of
"mottainai." Beliefs are things that people believe to be true, and these
cover a wide variety of areas. For example, people in a culture might share
beliefs about the kinds of foods that are unacceptable. Behavior is about
people's actions, and people in the same culture can often be seen behaving
similarly.
Professor: That's a good explanation. That means [ 33 ].

{1} having the same beliefs as other cultural groups is important
{2} people from the same cultural group usually behave differently
{3} people's attitudes to food determine which cultures they are from
{4} shared behaviors may make you a member of a cultural group


Student 3: Can I ask a question?
Professor: Of course.
Student 3: What about people who always seem to be different from those
around them? Sometimes I don't do things in the same way as my friends.
So, if we need to have the same behavior for group membership, does that
mean those who are not the same aren't members of their cultural group?
Professor: That's a good question. To answer it we need to think in terms
of cultural norms rather than individual examples.
Student 3: What is a cultural norm?
Professor: Well, a cultural norm is a rule or standard of behavior shared
by members of a cultural group.
Student 3: Then what happens to the people who do not follow the cultural
norms?
Professor: Well, they may belong to a smaller group, or a sub-cultural
group, but that group is still considered to be part of the culture. This
is true as long as their actions are within the acceptable limits of
behavior for that particular culture.
Student 3: So, am I right in thinking that [ 34 ]?

{1} a culture contains groups that make up one larger group
{2} acting differently isn't allowed for group membership
{3} it is important to be in the group that follows the cultural norms
{4} the number of sub-cultural groups should be limited

Professor: Yes. I hope this has cleared things up for you. OK. I think
we're ready to move on and think about another characteristic of culture.


※マーク部分の□や下線部は[ ]で、マル1は{1}で表記しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ1 ===============================

AE個別学習室(えまじゅく)水戸教室では、2021年1月に実施される新試験
「大学入試共通テスト」の対策授業を行っています。好評につき定員間近ですので、
平日昼間に授業可能な既卒生・社会人を若干名募集します。

従来のセンター試験や試行テストの内容を踏まえて、理系文系全科目の指導が可能
です。マンツーマンの授業なので「ゼロからのスタートの人は中学の復習から」
「基本ができている人は応用問題の解き方中心に」など、ひとりひとりの状況に
合わせて授業を行います。

今からスタートすれば、どんな目標でも達成可能です。志望校を諦める前に、
まずは「j@a-ema.com」までご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 解答・解説

Professor: Right. As you said, studying intercultural communication is
useful because [ 32 ].
Professor「その通りです。あなたが言ったように、異文化コミュニケーションを
学ぶことは、[ 32 ]ため、役立ちます。」

{1} intercultural knowledge encourages people to study in a foreign country
{1} 異文化の知識は、人々が外国で学ぶよう促す

{2} some ways of living are considered to be more correct than others
{2} いくつかの生活様式は、他よりも正しいとみなされる

{3} there were many more cases of intercultural communication in the past
{3} 過去にはもっと多くの異文化コミュニケーションの事例があった

{4} we can cope with cultural misunderstandings more easily and smoothly
{4} 私たちは、より簡単にスムーズに文化的な誤解に対処できる


Professorは「as you said」と言っているので・・・


(以下略)


(有料版では、解説の続きや語句コーナー、解答一覧も掲載しています)
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
=========================== お知らせ2 ===============================

ブログにて様々な問題を解説しています!

■ センター数学を理由の理由まで解説するブログ
   http://centermath.seesaa.net/

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/

■ 何でも解説するブログ(塾&家庭教師ブログ)
   http://a-ema.seesaa.net/


紙の書籍、電子書籍もご利用ください。
中学・高校の英語・数学の書籍を出版しています。

★江間淳(えまあつし)の書籍一覧 → http://amzn.to/2lnKZdS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 全文訳(基本的に直訳ですが、一部意訳しています)

Professor「おはようございます。全員が宿題の読書をしているはずなので、
異文化コミュニケーションについて今日の授業を始めたいと思います。私の最初の
質問は「なぜ異文化コミュニケーションを学ぶ必要があるのか?」です。誰か…

(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解説の続きは、本日21時配信予定の

【高校英語】過去問攻略!センター英語
 http://www.mag2.com/m/0001641009.html

に掲載します!
文法セクションはもちろん、第6問の長文まで、翻訳も行っている著者が、
全文訳・語句までイメージ重視&論理的に解説します。
月・水・土配信。\550/月。最初の1ヶ月は無料です。


ブログにもメルマガの記事を分割して掲載しています。

■ センター英語をひとつひとつ解説するブログ
   http://a-emaenglish.seesaa.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
------------------------------------------------------------------------
          発行者 江間淳(EMA Atsushi)
 mm@a-ema.com http://www.a-ema.com/k/ https://twitter.com/A_EMA_RYU
------------------------------------------------------------------------
                        無断転載・引用を禁じます。

=========================== お知らせ3 ===============================

5万人以上の利用実績がある勉強アプリ。英語・数学・化学など。
★印のものはGooglePlayでも公開中です。「江間淳」で検索してみてくださいね!

★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学2Bの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm743.html

【高校数学】読むだけでわかる!数学3の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm730.html

★【高校英語】センター試験徹底トレーニング
 http://pmana.jp/pc/pm588.html

★【高校化学】読むだけでわかる!理論・無機・有機化学の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm603.html

【高校物理】読むだけでわかる!物理基礎・物理の考え方
 http://pmana.jp/pc/pm729.html

【中学5科】高校入試の重要ポイント
 http://pmana.jp/pc/pm707.html
ラベル:英語
posted by えま at 17:00| Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校物理「運動量」「分裂」北東→北と東

高校物理「運動量」「分裂」北東→北と東

◆問題

なめらかな水平面上を北東の向きに一定の速さで進む物体が、2つの物体A,Bに分裂した。物体A,Bの質量はそれぞれ3.0kg,2.0kg、物体Aは北向きにある速さで、物体Bは東向きに10m/sで進んだとする。分裂前の物体の質量と速さ、物体Aの速さをそれぞれ求めよ。


★★ お知らせ ★★

AE個別学習室(えまじゅく)水戸教室では、「大学入試共通テスト」の対策授業を行っています。2020年8月現在、平日昼間に授業可能な既卒生・社会人を若干名募集しています。
従来のセンター試験や試行テストの内容を踏まえて、理系文系全科目の指導が可能です。
マンツーマンの授業なので「ゼロからのスタートの人は中学の復習から」「基本ができている人は応用問題の解き方中心に」など、ひとりひとりの状況に合わせて授業を行います。
適切な時期に適切な対策をすれば、どんな目標でも達成可能です。志望校を諦める前に、まずは一度ご相談ください。


◆解説

物体の分裂の場合も、衝突して跳ね返る場合一体となる場合と同じく、内力のみがはたらくと考えて運動量の保存の式を作ります。

この問題は最初は北東方向に進んでいて、分裂して北と東に分かれたので、方向にも注意して式を立てる必要があります。

つまり、

5.0kgの物体が持っていた運動量,物体Aの運動量,物体Bの運動量それぞれを求めて、ベクトルとして合成したり、最初の運動量を南北方向と東西方向に分解したりして比較することで解決することができます。もともとが北東方向で角度が45°とわかりやすいので、ここでは分解して考えてみます。


まずは最初の物体の質量は、

物体は分裂して3.0kgと2.0kgになったので、もともと5.0kgですね。


分裂前の速さをv0[m/s]とすると、最初の速さの南北方向の成分はv0sin45°,東西方向はv0cos45°ですね。

運動量は分裂の前後で南北方向、東西方向それぞれで保存するので、物体Aの速さをvA[m/s]とすると、

南北方向:5.0・v0sin45°=3.0・vA ・・・@
東西方向:5.0・v0cos45°=2.0・10 ・・・A

Aを計算すると、

5.0・(1/√2)v0=20
        v0=20√2/5.0=4√2[m/s]

v0=4√2を@に代入すると、

5.0・4√2・(1/√2)=3.0・vA

両辺をそれぞれ計算すると、

20=3vA
よって、vA=20/3

有効数字2桁とすると、分裂前の質量は5.0kg,速さは5.6m/s,物体Aの速さは6.7m/sですね。


◆関連問題
一直線上で分裂する場合


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 14:00| Comment(0) | 高校物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校数学(用語)「シグマの公式」

高校数学(用語)「シグマの公式」

一般項が通常の1次式,2次式,3次式などで表されるとき、数列の和を求めるためにシグマの公式を使うことができます。

例えば、1,3,5,7,・・・,2n−1という数列は等差数列なので、普通に等差数列の和の公式で求めることもできますが、
一般項は2n−1だから、
 n
 Σ(2k−1)=2・(1/2)n(n+1)−n
k=1

のように計算することもできます。

1次の項の場合は
 n
 Σk=(1/2)n(n+1)
k=1

2次の項の場合は
 n
 Σk^2=(1/6)n(n+1)(2n+1)
k=1

3次の項の場合は
 n
 Σk^3={(1/2)n(n+1)}^2
k=1

となります。

0次の項すなわち定数の場合は、その数がn個あるので
 n
 Σc=nc
k=1
となります。

Σの公式を使うときは、共通因数がある場合が多いので、展開してまとめるより因数分解した方が計算が簡単かつ模範的な場合が多いことを頭に入れておくと良いと思います!


◆関連問題
1・3,2・4,3・5,・・・の和


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:数学
posted by えま at 10:40| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN