2020年10月31日

この時期から1冊、英語の薄い問題集をやるとしたら?

先日、中学3年生のお子さんをお持ちの親御さんから、「この時期から1冊、英語の薄い問題集をやるとしたら何がいいですか?」という質問を受けました。

「受験までの期間もそれほど多いわけではないので、まずは今ある問題集をやり尽くすようにする」のが第一ですが、すでにやり尽くしていたり、手元には気に入った問題集がなくてやる気が出ない。というケースもあると思います。

そんな生徒さんには以下の問題集をおすすめしています。


10分間復習ドリル英語1〜3年


このシリーズは計算など他の科目もおすすめです。


英作文ならTAGAKIシリーズも良いです。



変に「●●式」のような「独自のやり方」の問題集ではなく、以上のような、ノーマルな練習がしっかりできるものを選ぶと良いと思います。
もちろん拙著もおすすめです!




江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 21:00| Comment(0) | 参考書・問題集紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校地学「褶曲」

高校地学「褶曲」

◆問題

地層や岩石がプレート運動によって大きく曲げられた地質構造を(@)という。(@)して上に盛り上がったところを(A)、下にくぼんだところを(B)という。
地層がより強く(@)すると、地層が折りたたまれて上下の地層が逆になることがある。このような構造を(C)という。


★★ お知らせ ★★

AE個別学習室(えまじゅく)水戸教室では、「大学入試共通テスト」の対策授業を行っています。従来のセンター試験や試行テストの内容を踏まえて、理系文系全科目の指導が可能です。浪人生や社会人の再受験も基礎から丁寧に指導します。
マンツーマンの授業なので「ゼロからのスタートの人は中学の復習から」「基本ができている人は応用問題の解き方中心に」など、ひとりひとりの状況に合わせて授業を行います。
適切な時期に適切な対策をすれば、どんな目標でも達成可能です。志望校を諦める前に、まずは一度ご相談ください。


◆解答解説

@褶曲、A背斜、B向斜、C地層の逆転

地層や岩石がプレート運動によって大きく曲げられた地質構造を褶曲という。褶曲して上に盛り上がったところを背斜、下にくぼんだところを向斜という。
地層がより強く褶曲すると、地層が折りたたまれて上下の地層が逆になることがある。このような構造を地層の逆転という。


関連問題
断層と褶曲プレートの分布と運動


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | 高校地学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校数学「ベクトル」「公式まとめ」

高校数学「ベクトル」「公式まとめ」

最近のセンター数学2B第4問に登場したベクトルと図形に関する公式・法則をまとめました。
勉強の参考にしてみてください。

2020年

★ ベクトルの和:平行四辺形の対角線
★ ベクトルの差:「終点−始点」=「向きが逆のベクトルの和」
  → →                 → →
★ a・b=x1・x2+y1・y2+z1・z2=|a||b|cosθ
★ 垂直ならば内積がゼロ
★ ベクトルの平行条件:→a=k・→b
★ 台形の面積=(上底+下底)×高さ÷2
★ 三角形の面積S=(1/2)ca・sinB
★ 錐体の体積V=(1/3)Sh


2019年

★ ベクトルの和:平行四辺形の対角線
★ ベクトルの差:「終点−始点」=「向きが逆のベクトルの和」
  → →            → →
★ a・b=x1・x2+y1・y2=|a||b|cosθ
★ cos90°=0
★ (三角形の面積)=(1/2)×(底辺)×(高さ)
★ 平行線の同位角・錯角は等しい
★ (台形の面積)=(上底+下底)×高さ÷2
★ (錐体の体積)=(1/3)×(底面積)×(高さ)


2018年

★ ベクトルは「終点の座標−始点の座標」
★ →AB=→AC+→CB (途中に他のところを通ってもベクトル和は同じ)
★ →AB=→OB−→OA (終点引く始点)
★ →AB=−→BA    (向きが変わると符号が変わる)
★ |→AB|は、ベクトルABの絶対値つまり、長さ(大きさ)
★ ベクトルの内積:→a・→c=|→a||→c|cosθ
          →   →
★ 内分の公式(n・a+m・b)/(m+n)


2017年

★ ベクトルは「終点の座標−始点の座標」
★ →AB=→AC+→CB (途中に他のところを通ってもベクトル和は同じ)
★ →AB=→OB−→OA (終点引く始点)
★ →AB=−→BA    (向きが変わると符号が変わる)
★ |→AB|は、ベクトルABの絶対値つまり、長さ(大きさ)
★ ベクトルの内積:→a・→c=|→a||→c|cosθ


ラベル:数学
posted by えま at 07:00| Comment(0) | 高校数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN