2015年08月18日

戦後70年談話の英訳を授業で使用してみました

戦後70年の首相談話を授業に使用してみました。
政治経済の用語や歴史用語など、少し難しい語句もありますが、この談話の英訳は大学入試レベルの英文解釈にちょうど良い難易度だと感じたためです。

高校以上のレベルの語句をピックアップしてみたり、文法的な書き換えをしてみたり。といった具合です。

例えば、

the lessons of history
vast colonies
overwhelming supremacy in technology
constitutional government
the League of Nations

などなど。
ちょうど良く、実用的な表現・語句が数多く使用されています。

日本語としての内容を考えても、今後の日本政府の基本的なスタンスを示すものになりそうな気がします。
英語学習の為だけでなく、日本人の一般常識として読んでおくべきものかも知れません。
posted by えま at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN