2016年03月24日

宿題も「急がば回れ」

ほとんどの学生は春休みに入ったと思います。
新学年を迎えるにあたって、宿題が出されている学校も多いと思います。
もちろん、その宿題を「終わらせる」ことは大切ですが、それよりも、「前学年までの内容がわかっているか」どうかが重要です。
今までの内容のおさらいをして、不十分な点を発見するために宿題を活用する。という意識で取り組むとよいです。

終わらせるのが大変だから、「答えを写す」「誰かにやってもらう」という解決策を採る人もいますが、あまり良い作戦ではありません。
そのような方法を採っても多少の時間はかかることは間違いないですし、その多少の時間はほぼ100%無駄です。
わざわざ無駄にすることが確定的な時間を作るのではなく、どうせやるならできる範囲で全力を尽くしてやって、自分の現状把握と実力アップに役立つように取り組んでください。
ちゃんとやれば、意外なところで後に役立つことも多いです。
雑にやって何回も繰り返すよりも、丁寧にやって少ない回数で済ませた方が、結局楽です。
「急がば回れ」は真実だと思います。
posted by えま at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN