2016年04月08日

2015年数学1A第1問 問1(2)2次不等式に関する問題

2015年センター数学1Aの問題集に追加しました。

問題
2次関数y=−x^2+2x+2・・・@のグラフの頂点の座標は([ ア ](1),[ イ ](3))である。
また、y=f(x)はxの2次関数で、そのグラフは@のグラフをx軸方向にp,y軸方向にqだけ平行移動したものであるとする。

(2) 2次不等式f(x)>0の解が−2<x<3になるのはp=[キク]/[ケ],q=[コサ]/[シ]のときである。
「2次不等式f(x)>0の解が−2<x<3になる」という記述から言えることは?

@p=−2,q=3
Ax=−2,x=3
Bx=−2,y=3
Cf(x)=0の解は−2,3
Df(x)の頂点が(−2,3)


★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html
「2015年センター過去問の考え方」の問題集を選択してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN