2016年04月24日

数学1A 2次関数と1次関数が接するaの値

数学でも、超基本の考え方の問題ばかりでなく、少しだけ応用も掲載しています。

問題
放物線y=x^2−ax+1と直線y=xが接するようなaの値を求めよ。このときは何をする?

@直線の式を放物線の式に代入し、解の公式を使う
A直線の式を放物線の式に代入し、判別式D=b^2−4acを使う
B直線の式を放物線の式に代入し、aについて解く
C直線の式を放物線の式に代入し、x=0を代入する

解答・解説は → ★【高校数学】読むだけでわかる!数学1Aの考え方
 http://pmana.jp/pc/pm586.html
「2次関数の考え方」の問題集を選択してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN