2016年04月27日

2016年センター英語第3問B問1 日本の理科教育に関する文章

2016年センター英語第3問Bは、文脈に合わない英文を指摘する問題でした。

次の問い(問1〜3)のパラグラフ(段落)には、まとまりよくするために[取り除いた方がよい文]が一つある。取り除く文として最も適当なものを、それぞれ下線部{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。(2016)(ここでは下線のかわりに[ ]で囲ってある)

問1[ 29 ]
Students in Japan are now engaging more in practical activities and less in memorization of facts in class. Students are learning scientific principles through actual experience. {1}[They do well in science in comparison with other students around the world.] {2}[They build electric motors using everyday goods, such as wire, magnets, and paper clips.] {3}[They make ice cream by hand with salt and ice.] {4}[Students say that they like the new studying style because it is practical as well as enjoyable and educational.] It is hoped that this new method will encourage students to become more interested in science.


解答・解説・全文訳はここ→http://pmana.jp/pc/pm588.html
「センター過去問★第3問B★2010〜2016年」の問題集を選択してください。
この問題以外にも、2016年本試験の問題をはじめ、合計1500問以上を掲載中です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN