2016年04月28日

2016年第3問B問2 試行錯誤に関する文章

2016年センター英語第3問Bの続きです。
文脈に合わない英文を指摘する問題です。

問2[ 30 ]
Trial and error, an approach used in science, is often found in daily life. It can be observed when people do not feel well. They may already have a list of treatments they have used before. They can also consult a medical book or check the Internet for new treatments. They may decide to use any one of the treatments. {1}[If the treatment does not improve the condition, they try another one.] {2}[They are concerned about how scientific the treatment is.] This is an example of how this approach is adopted in everyday life. {3}[In solving problems, scientists come up with more than one idea and use one of the possible options.] {4}[When an idea fails, they consider the alternatives.] In this way, approaches used in science and daily life have some points in common.

トライ&エラーという科学で使われるアプローチは、よく日常生活でも見られます。それは…

解答・解説・全文訳はここ→http://pmana.jp/pc/pm588.html
「センター過去問★第3問B★2010〜2016年」の問題集を選択してください。
この問題以外にも、2016年本試験の問題をはじめ、合計1500問以上を掲載中です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN