2016年05月01日

2016年センター英語 第3問C[ 32 ] 異文化理解についての文章序盤

2016年も、第3問Cは、複数の人物による対話文でした。
教授と生徒のディスカッションという形です。

C 次の会話は、「異文化理解」をテーマとして、ある大学で行われた授業でのやりとりの一部である。[ 32 ]〜[ 34 ]に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の{1}〜{4}のうちから一つずつ選べ。

Professor: Good morning. I'm sure everyone did the homework reading, so I want to begin today's class on intercultural communication. My first question is "Why do we need to study intercultural communication?" Would anyone like to answer?
Student 1: Yes, I'll try to answer that. People may think the way they do things or the way they view the world is "natural" and "correct." When they encounter someone doing things differently, they regard it as "strange" or "wrong." Having an awareness of intercultural communication can help us understand and deal with misunderstandings when they arise. I think it is especially important these days because people travel overseas for many reasons, such as work, study, or vacations. The opportunities to meet people from other countries have increased greatly. With this increased contact, there are more chances for trouble between people from different cultures.
Professor: Right. As you said, studying intercultural communication is useful because [ 32 ].

解答・解説・全文訳はここ→http://pmana.jp/pc/pm588.html
「センター過去問★第3問C★2010〜2016年」の問題集を選択してください。
この問題以外にも、2016年本試験の問題をはじめ、合計1500問以上を掲載中です。

ちなみに、メルマガでは、以下のような語句の解説も掲載しています。

≪32と選択肢まで≫
intercultural communication:文化間の意思疎通→「異文化コミュニケーション」
correct:collectは「集める」で、このコレクトは「正しい、訂正する」
encounter:カタカナのエンカウントから推測。counterさせる→「遭遇(する)」
regard A as B:熟語として覚えよう。「AをBとみなす」
strange:素粒子の一つにストレンジチャームがある。「奇妙な、見慣れない」

などなど。

メルマガはこれ

【高校英語】過去問攻略!センター英語
http://www.mag2.com/m/0001641009.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN