2018年07月24日

「赤本?」「青本?」どっちがいいの?

大学入試センター試験の過去問は、「赤本」と「青本」が有名です。

2019年「青本」 ★2019年「赤本」

「どちらもセンター試験の過去問なら何が違うの?」と疑問に思う方も多いと思います。

値段はほぼ同じ(少しだけ違う)、どちらもセンター試験には違いない。のですが、いくつか違いがあります。


■サイズ
「赤本」は、本自体のサイズが小さいので、実際のセンター試験の縮小コピーになっています。レイアウトも一部変更されています。
「青本」は、本のサイズ大きく、実際のセンター試験とほぼ同じサイズ・レイアウトで収録されています。

■収録年数
「赤本」は、収録年数が多い(25年分)
「青本」は、収録年数が少ない(最近6年分)


主な違いはこれら2つだと思います。

どちらも一長一短ですね。

個人的には、実物大で問題が収録されている「青本」をオススメしています。
サイズ面のメリットがあるだけでなく、収録年数が少ないのも、ほぼデメリットになりません。というのも、
教育指導要領が変更される度に、センター試験の内容も変更になっていますし、時事的な問題は古いと意味がありません。
つまり、あまりに古い年の問題を解くのはそれほど効果的ではない。ということができます。
過去問としては、最近の数年間の分だけが収録されていれば充分だからです。

もろちん、「最近数年間の分だけでは不安だ」「あるだけ徹底的に過去問をやりたい」という人は赤本を使ってみるとよいと思います。


★実際の試験問題と同じサイズで練習したい人→2019年「青本」
★初期のセンター試験までさかのぼって練習したい人→2019年「赤本」


夏休みのセンター試験過去問の使い方は→こちら


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
 かかる費用は授業料と教材費(定価)のみ!生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 23:36| Comment(0) | 参考書・問題集紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN