2019年06月16日

高校化学「原子量」

高校化学「原子量」

原子量や分子量は、普通は、必要に応じて問題に書かれていますが、代表的なものはあらかじめ覚えておくと、迷う余地が減るので、スピードアップ&正解率アップにつながります。問題によく登場する主なものを以下に挙げておきます。

H=1.0
C=12
N=14
O=16
Na=23
Al=27
S=32
Cl=35.5
K=39
Ca=40
Cu=63.5
Ag=108

もちろん、これら以外にも、Mg,Si,P,Fe,Pb,Hgなどなど、まだまだよく登場する原子はありますが、標準的な計算問題で特によく出てくるのは、だいたいこんなところです。
まずはこれらの値を、出てきたものから覚えていけば充分だと思います。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         無断転載等はご遠慮ください。(c)江間淳


posted by えま at 22:41| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN