2019年06月19日

書き換え英作文解答「受け身」「過去分詞」「疑問詞」

書き換え英作文解答「受け身」「過去分詞」「疑問詞」


ここは「The menu is written in Japanese.」の書き換え英作文の解答ページです。


直接このページに来た人はまずは問題ページへgo!





The menu is written in Japanese.


@能動態にして同じ内容に→もとの文には意味上の主語がないので、省略しても構わない主語が隠れていると考えて、Theyなどを主語にする
They write the menu in Japanese.


A「私たちは日本語で書かれたメニューを持っています」という意味に→「私たちはメニューを持っています」と言ってから、「どんなメニューか」に相当する「日本語で書かれた」を過去分詞などを使って付け足す
We have a menu written in Japanese.
またはWe have a menu that is written in Japanese.
など


B「私たちはそのメニューを日本語で書きました」という意味に→普通に「私たち」を主語にして過去形に
We wrote the menu in Japanese.


C「そのメニューは何語で書かれていますか?」という意味に→もとの文の「Japanese」を問う疑問文に
What language is the menu written in?
など


D「そのメニューは日本語を書きました」という意味に→「そのメニュー」が主語、「書きました」が述語、「日本語を」が目的語だから、その通りに英語にする。「変な日本語だから間違い」ではなく、「そう書いてあるのだから、論理的にその通りの内容を英語で表現する」という考えも時には必要かも?
The menu wrote Japanese.


さらに詳しい解説や、他の解答例がほしい方は、えまじゅくのメール添削をご利用ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ラベル:英語
posted by えま at 08:02| Comment(0) | 書き換え英作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN