2019年09月04日

高校英語「分詞構文」

高校英語「分詞構文」

When he saw a policeman, he ran away.

いろいろな問題集で見かける例文ですね。この英文を分詞構文にすることを考えます。

分詞構文にするときは、片方の動詞を現在分詞形にします。
それ以外にいくつかやることがあるので、「難しい」というイメージの人も多いと思いますが、やることを整理すれば(書き換えは)簡単です。

以下は、分詞構文に書き換えるときの手順です。

@接続詞を消す
A主語が前後で同じときは、現在分詞にする方の主語も消す
B動詞を現在分詞形にする
C必要に応じてbeingなどを省略する

注意点としては、Aは「主語が同じとき」なので、主語が違う場合は消しません。
C受け身の文を分詞構文にして、beingを省略すると、過去分詞から文が始まる形になります。Bをやっていないように見える文は、beingが省略されている。ということです。

この手順に従うと、

When he saw a policeman, he ran away.
→Seeing a policeman, he ran away.


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 12:13| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN