2019年10月01日

高校化学「無機物質」「ハロゲン」「塩素」

高校化学「無機物質」「ハロゲン」「塩素」

無機物質の性質について、次の文章の空欄を埋めてください。

単体の塩素は、(@)で刺激臭の気体で、塩化ナトリウムの電気分解などで生成することができる。
水に少し溶けて、強い酸化作用を持つ(A)を生じる。Cl2+H2O⇄HCl+HClO
(B)に塩酸を加えても塩素を得ることができる。CaCl(ClO)・H2O+2HCl→CaCl2+2H2O+2Cl2



解答解説はこのページ下


センター過去問





@黄緑色,A次亜塩素酸HClO,Bさらし粉CaCl(ClO)・H2O

単体の塩素は、黄緑色で刺激臭の気体で、塩化ナトリウムの電気分解などで生成することができる。
水に少し溶けて、強い酸化作用を持つ次亜塩素酸HClOを生じる。Cl2+H2O⇄HCl+HClO
さらし粉に塩酸を加えても塩素を得ることができる。CaCl(ClO)・H2O+2HCl→CaCl2+2H2O+2Cl2

一般的な「さらし粉」は、上記の化学反応式に書いたCaCl(ClO)・H2Oや、高度さらし粉Ca(ClO)2・2H2Oなどの混合物です。
高校化学の問題としては、どちらかの化学式が与えられたときに反応式が書ける程度に理解しておけば、たいていは大丈夫だと思います。


関連項目
ハロゲン


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 10:56| Comment(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN