2019年11月02日

高校物理「力学」「運動量の保存」「反発係数」

高校物理「力学」「運動量の保存」「反発係数」

なめらかな水平面上において、質量4.0kgの小球Aと質量2.0kgの小球Bの衝突について考える。
小球Aは5.0m/sで、小球Bは1.0m/sで、どちらも右向きに運動していて、ある時刻に衝突し、衝突前後は同一直線上を運動するものとし、反発係数を0.50とするとき次の問いに答えよ。
(1) 衝突前の小球A,小球Bの運動量はそれぞれいくらか。
(2) 衝突後の小球A,小球Bの速さはそれぞれいくらか。



運動量の保存と、反発係数からそれぞれ式を作ることができます。
「反発係数=−(衝突後の相対速度/衝突前の相対速度)」です。


解答解説はこのページ下に掲載します。


センター過去問




この問題では「なめらかな水平面上」という記述があるので、摩擦はないと考えます。
すると、小球A,Bに働く力は、互いの衝突による力のみとなります。つまり、内力のみが働く設定です。
こういう場合は、「運動量の保存」が成り立ちます。
すなわち、「衝突前の運動量の和=衝突後の運動量の和」です。

衝突後の速度はどちらもわかっていないので、それぞれvA,vBとすると、

4.0×5.0+2.0×1.0=4.0×vA+2.0×vB
          20+2=4vA+2vB
        4vA+2vB=22

さらに、両辺を2で割って、2vA+vB=11としておくと計算しやすいです。


現時点では未知の値が2つ(vAとvB)あるので、もう一つ式が必要です。
そこで反発係数を使います。

「反発係数=−(衝突後の相対速度/衝突前の相対速度)」なので、この通りに式を作れば、

0.50=−(vB−vA)/(1.0−5.0)
0.50=(vB−vA)/4
vB−vA=2

これでvAとvBについての式が2つできたので、連立して解けば衝突後の速さがわかりますね。

計算すると、vA=3.0[m/s],vB=5.0[m/s]が得られます。


次の問題→(3) 運動エネルギーの変化量


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | 高校物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN