2020年07月23日

中学数学(用語)「1次関数」

中学数学(用語)「1次関数」

座標平面上に表された直線は1次関数になり、「y=ax+b」の形で表されます。

aが傾き、bが切片、x,yは直線上の点の座標です。


傾きaは「xが1増えるとyがいくつ増えるか」を表した値で、つまりは、1次関数では変化の割合と傾きが等しくなります。

切片bは「直線とy軸との交点のy座標」です。グラフを描くときは、まず最初に切片の値をy軸上に取り、傾きの値に従ってその他の点を取るようにすると描きやすいはずです。

さらに、

平行な直線は傾きが等しい
・交点は連立方程式の解
比例はb=0の場合の1次関数

などを理解しておくとよいでしょう!


◆関連項目
変化の割合比例、反比例、2次関数、直線の公式y−y1=m(x−x1)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
   最高級の指導を提供します!生徒募集中です!

プロ家庭教師の江間です。     AE個別学習室
http://www.a-ema.com/k/      http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ラベル:数学
posted by えま at 13:01| Comment(0) | 中学数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN