2021年07月26日

高校物理「熱力学」まとめ

高校物理「熱力学」まとめ

高校物理の熱力学に関する、このブログに掲載した解説・問題の一覧です。


◆ 公式・用語・解き方

比熱
熱容量

ボイル・シャルルの法則
理想気体の状態方程式
気体定数

気体の内部エネルギー
定積変化、定積モル比熱
定圧変化、定圧モル比熱
等温変化
断熱変化、ポアソンの法則

熱効率


◆ 問題

鉄球の温度上昇
6.0Lの容器Aと3.0Lの容器B内の空気の物質量など

気体の分子運動と圧力
容積1.12×10^-2[m^3]の密閉容器に、0℃、1.0×10^5Paの単原子分子からなる理想気体が入っている。気体の体積を一定に保ち、温度を20℃にするには、外部からどれだけの熱量を与えればよいか
1.5molの単原子分子からなる理想気体が入っている。一定の圧力下で、その気体の温度を60℃から30℃まで下げるとき、気体が外部へ放出する熱量
ヒーターから熱を与え、気体の温度をT0[K]から4T0[K]に上昇させたとき、ヒーターが与えた熱量と定積モル比熱

圧力pと体積VをA→B→C→Aの順にゆっくりと変化させた。Aの温度は200K,BC間の温度は一定であり、気体定数を8.3J/(mol・K)とするとき。A・・・p=1.0×10^5[Pa],V=8.3×10^(-3)[m^3]
B・・・p=2.0×10^5[Pa],V=8.3×10^(-3)[m^3]
C・・・p=1.0×10^5[Pa],V=16.6×10^(-3)[m^3]
AB間とCA間は直線、BC間は曲線



解説記事のリクエストがあれば、お気軽にご連絡ください。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 21:00| Comment(0) | 高校物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN