2021年09月17日

「高校英語 和訳↔英訳 特訓問題集A助動詞」P.47より I would like...

8月に発売した新刊「高校英語 和訳↔英訳 特訓問題集A助動詞」から1問ご紹介します。





[1st STEP Question]
それぞれの英文を、意味のかたまりごとにスラッシュで区切り、和訳してください。

33 I would like them to return home before it gets dark.


[words]
return home:家に帰る get dark:暗くなる


まず、1st STEPでは、スラッシュで区切り、各部分の和訳をします。


[1st STEP Answer]

33 I would like them / to return home / before it gets dark.
  私は彼らに〜して欲しい / 家に帰る / 暗くなる前に


[2nd STEP]
33 I would like them / to return home / before it gets dark.
  私は彼らに〜して欲しい / 家に帰る / 暗くなる前に
↑誰にして欲しいか? ↑何を?  ↑いつ買えるか?
  「私は彼らに、暗くなる前に家に帰ってほしいと思っています」


2nd STEPでは、このように、1st STEPを活用して、つなげて1文にします。


[3rd STEP Question]
指示に従って書き換えてください。
33 I would like them to return home before it gets dark.
  (hopeを使って似た意味に)


[Hint]
33 「I hope that 〜.」で「〜を願います」


[3rd STEP Answer]
33 I hope that they will return home before it gets dark.
  「暗くなる前に彼らが帰宅すると願っています」
  ※「〜を願う」は「〜して欲しい」と似た内容を表すことができる。


このように、3rd STEPでは、主に書き換え問題を掲載しています。
そして、4th, 5th STEPで最初の文の英訳をしていきます。


[4th STEP]
スラッシュで区切られた日本語を英語に直してください。

33 私は彼らに〜して欲しい / 家に帰る / 暗くなる前に

→33 I would like them / to return home / before it gets dark.


[5th STEP]
33 「私は彼らに、暗くなる前に家に帰って欲しいと思っています」

→33 I would like them to return home before it gets dark.


このように、「英文のスラッシュリーディング→和訳→文法問題→英訳」という手順で段階的に進んでいくので、比較的難易度の高い英文でも、無理なく「和訳↔英訳」ができるようになっています。
この本を一通り終えれば、英検2級程度なら楽勝!ですね!


他にも多数の問題を掲載しています。ぜひ皆さんも「和訳→英訳」特訓していきましょう!



江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 07:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN