2022年08月04日

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の文化B

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の文化B

◆問題

空欄に適語を入れてください。

貴族と武士や庶民を結んだのは、聖や上人などと呼ばれた民間の布教者であり、その浄土教の思想は全国に広がった。奥州藤原氏が建てた平泉の(@)や、陸奥の白水阿弥陀堂、九州豊後の富貴寺大堂などは、地方豪族のつくった阿弥陀堂や浄土教美術の秀作である。安芸の(A)神社には、『平家納経』が寄せられており、平氏の栄華と貴族制を物語っている。

この時代には、絵巻物に(B)の手法が用いられて発展した。主な作品には、貴族の需要に応じて描かれた『源氏物語絵巻』、応天門の変に取材した『伴大納言絵巻』、朝廷の年中行事を描いた『年中行事絵巻』、聖の生き方や風景・人物を描いた『信貴山縁起絵巻』、動物を擬人化していきいきと描いた『(C)』などの絵巻物や、『扇面古写経』などがある。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@中尊寺金色堂、A厳島、B大和絵、C鳥獣戯画

貴族と武士や庶民を結んだのは、聖や上人などと呼ばれた民間の布教者であり、その浄土教の思想は全国に広がった。奥州藤原氏が建てた平泉の中尊寺金色堂や、陸奥の白水阿弥陀堂、九州豊後の富貴寺大堂などは、地方豪族のつくった阿弥陀堂や浄土教美術の秀作である。安芸の厳島神社には、『平家納経』が寄せられており、平氏の栄華と貴族制を物語っている。

この時代には、絵巻物に大和絵の手法が用いられて発展した。主な作品には、貴族の需要に応じて描かれた『源氏物語絵巻』、応天門の変に取材した『伴大納言絵巻』、朝廷の年中行事を描いた『年中行事絵巻』、聖の生き方や風景・人物を描いた『信貴山縁起絵巻』、動物を擬人化していきいきと描いた『鳥獣戯画』などの絵巻物や、『扇面古写経』などがある。


前の問題→院政期の文化A
次の問題→源平の争乱@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN