2022年11月07日

高校化学「高分子化合物」糖類の分類と反応に関する問題@

高校化学「高分子化合物」糖類の分類と反応に関する問題@

■問題

6種類の糖類A〜Fに関して次の問いに答えよ。

・Aは冷水にも温水にも溶けないが、希硫酸中で長時間煮沸するとBを生じた。
・Cの水溶液に濃硫酸を少量加えて加熱すると、BとDを生じた。
・Eの水溶液にヨウ素溶液を加えると、青紫色に変化した。
・硝酸銀水溶液にアンモニア水を加えると、褐色沈殿が生じたが、さらに加え続けると沈殿は消えた。その後、この溶液に対して各糖類の水溶液を加えて加温したところ、B,D,Fの水溶液を加えたものに変化が見られた。
・Eの水溶液に希硫酸を加え長時間加熱すると、Bが生じた。
・Fの水溶液にマルターゼを作用させると、Bが生じた。

語群:デンプン、セルロース、フルクトース、グルコース、スクロース、マルトース

(1) A,C,Fの物質名を、それぞれ語群から選べ。


大学受験を見据えた日々の学習におすすめの問題集です。

化学の良問問題集[化学基礎・化学]


■解答

まずFがわかりやすいですね。
「Fの水溶液にマルターゼを作用させるとBが生じた」
とあります。

マルターゼはマルトースを加水分解する酵素で、分解するとグルコースが生じます。

というわけで、Fはマルトースです。
ついでにBがグルコースであることもわかりました。

次にAについて考えてみましょう。
「Aは冷水にも温水にも溶けないが、希硫酸中で長時間煮沸するとBを生じた」
とあります。

「冷水にも温水にも溶けない」「希硫酸中で煮沸するとグルコースを生じる」

という性質があるのはセルロースです。

そしてCは「濃硫酸を少量加えて加熱すると、BとDを生じた」という性質ですが、これだけでは確定できないので、記述も見ていきます。

「Eの水溶液にヨウ素溶液を加えると、青紫色に変化した」という記述から、Eはデンプンですね。

残るはスクロースとフルクトースです。

スクロースは、グルコースとフルクトースからなる二糖だから、Cがスクロース、Dがフルクトースと判断できますね!

A:セルロース、C:スクロース、F:マルトース


次の問題→褐色沈殿の化学式


◆関連項目
単糖二糖多糖
高分子化合物


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高校化学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN