2019年12月30日

高校英語「関係代名詞what」

高校英語「関係代名詞what」

[ are / did / for / she / thankful / we / what ] for us.
彼女が私たちにしてくれたことに感謝しています。


括弧内の語を並べ替える問題です。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。



We are thankful for what she did for us.

まず、述語が「感謝しています」という部分であることに着目します。
誰が「感謝している」のかというと、普通に考えると、「私たちが感謝している」ので、主語は「私たち」だから最初にweをおきます。

そして、「私たちは感謝している」なので「we are thankful for ...」とします。

残りは「彼女が私たちにしたこと」として「what she did for us」とすれば完成ですね!


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 23:12| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

高校英語「関係代名詞what」

高校英語「関係代名詞what」

Don't put off till tomorrow [ can / do / you / what ] today.


括弧内の語を並べ替える問題です。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。



Don't put off till tomorrow what you can do today.

「今日できることを明日まで延期するな」という意味です。

関係代名詞whatは、「〜こと」などの意味で、先行詞を含む関係代名詞です。
だから、先行詞をおかずにいきなり目的語の位置にwhatを使うことができる。というわけです。

ちなみに、「put off 〜」は「〜を延期する」という熟語ですね。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 19:02| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

高校英語「受動態」「知覚動詞」

高校英語「受動態」「知覚動詞」

次の英文を受動態に書き換えよ。
We saw him enter the room.


能動態の文を受動態に書き換えるときは、もとの文の目的語を主語にして、動詞を「be動詞+過去分詞」の形にします。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。



We saw him enter the room.
→He was seen to enter the room (by us).

もとの文は「私たちは彼がその部屋に入るのを見た」という意味ですね。
これを受け身にすると、「彼はその部屋に入るのを(私たちに)見られた」という意味になります。

文法の法則として、「目的語を主語にする」だけでなく、意味として「彼」を主語にする必要があることを理解しておくとよいです。

受け身は「be動詞+過去分詞」なので、動詞のsawのところは「was seen」となります。

そして、基本的に「残りはそのまま」ですが、sawとenterの間のhimがなくなってしまうと、動詞が2個連続してしまいます。これを避けるために不定詞のtoを復活させて、

He was seen to enter the room.

とするわけです。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 14:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

高校英語「比較級」「最上級」

高校英語「比較級」「最上級」

I have never seen a more beautiful sight than this.
を最上級で同じ内容に書き換えよ。



書き換えの問題でも、まずは意味をとらえることが大切です。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。



I have never seen a more beautiful sight than this.
→This is the most beautiful sight that I have ever seen.

まず、もとの文は「私はこれほど美しい景色を見たことがありません」という意味ですね。

これを最上級で同じ内容で言い換えると、「これは私が今までに見た中で一番美しい景色です」という意味になります。

この日本語での言い換えができなければ、英語でも言い換えることは難しいと思います。
逆に、意味がわかれば、文法の法則としての「書き換え方」を暗記していなくても、少なくとも意味の通じる英文を作ることができるようになります。

「これは私が今までに見た中で一番美しい景色です」のうち、主語述語(述部)は「これは一番美しい景色です」ですね。
ここまでを言うと、

This is the most beautiful sight

このようになります。
基本的な最上級の文ですね。
これに、「私が今までに見た中で」を付け足します。
「景色」の説明なので、関係代名詞節で表現すれば、

This is the most beautiful sight that I have ever seen.

などと言うことができます。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 12:09| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

高校英語「比較」「〜するほどばかでない」

高校英語「比較」「〜するほどばかでない」

He knew ( ) than to tell the stories in public.


空欄に適語を入れる問題です。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。




He knew better than to tell the stories in public.
(彼は公の場でその話をするようなばかなことはしませんでした)

「know better than 〜」で「〜するようなばかなことはしない」という熟語として覚える人が多いと思います。

空欄の後にはthanがあるので、空欄には比較級の単語が入ることはわかると思います。
内容を考えると、「〜よりも良いことを知っている」→「〜よりbetterを知ってる」ということで、betterが入ると推測することもできるかも知れません。

熟語を覚えるときは、単なる丸暗記ではなく、このように「イメージをつかんで覚える」と覚えやすく忘れにくくなります。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 16:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「比較」「前置詞」

高校英語「比較」「前置詞」

I prefer oranges ( ) apples.
(私はリンゴよりもオレンジの方が好きです)


空欄に適語を入れる問題です。


解答解説はこのページ下


大学入試の英文法なら、以下の本だけでほぼ問題ありません。




I prefer oranges to apples.

内容が比較なので、普通に考えるとthanを入れたくなると思いますが、比較級の形容詞・副詞がないので、thanは使えない。と考えられます。

熟語として「prefer A to B(BよりAを好む)」と覚えるのも良いです。

thanを使うなら、

I like oranges better than apples.

などと言えばだいたい同じ内容です。


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 12:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

高校英語「前置詞」D

高校英語「前置詞」D「話しかける」

■問題 次の英文の不適切な箇所を訂正して英文を書き直してください。

I was spoken by a stranger.


strangerはstrange(奇妙な)の名詞で、「見知らぬ人」という意味です。


解答解説はこのページ下
なお、誤所訂正の問題は、模範解答のほかにも何通りもの直し方が可能な場合が多々ありますが、ここでは、もとの文からの変更が最小で済む方法のみまたは、高校英語として標準的な方法のみを示しています。あらかじめご了承ください。




■解答

I was spoken by a stranger.
→I was spoken to by a stranger. (私は見知らぬ人に話しかけられました)


■解説

「I was spoken」の部分がspeakの受け身なので、「私は話した」ではなく「私は話された」というのが、この文の主な内容だと考えられます。
そして「by a stranger」は「見知らぬ人によって」という意味です。
ここまで考えれば、訂正する前の段階で「私は見知らぬ人によって話しかけられました」という意味だとわかると思います。

speakは「speak to 〜」の形で「〜に話しかける」という意味になります。「toまで含めて一つの動詞」と理解してもよいです。
これは受け身になってももちろん変わりません。

「A stranger spoke to me.」を受け身にしたと考えれば、「I was spoken」のあとに前置詞toが必要なのが理解しやすいと思います。
そして、意味上の主語を言うためには前置詞byが必要なので、「I was spoken to」「by a stranger」→「I was spoken to by a stranger.」という並びになってしまうというわけです。


前の問題→「〜で書く」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 11:39| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「前置詞」C

高校英語「前置詞」C「〜で書く」

■問題 次の英文の不適切な箇所を訂正して英文を書き直してください。

I want a pen to write.


英作文ならとりあえずこのままでも減点程度で済むと思います。


解答解説はこのページ下
なお、誤所訂正の問題は、模範解答のほかにも何通りもの直し方が可能な場合が多々ありますが、ここでは、もとの文からの変更が最小で済む方法のみまたは、高校英語として標準的な方法のみを示しています。あらかじめご了承ください。




■解答

I want a pen to write.
→I want a pen to write with. (私は書くためのペンがほしいです)


■解説

writeは「〜を書く」ですが、書く道具について述べる場合は「write with 〜」の形で「〜で書く」という言い方をします。
「write with a pen」=「ペンで書く」という熟語として覚えておくと良いと思います。

そして文中では、「a pen」の修飾語が「to write with」なので、withのあとにa penをもう一度言うことはしません。
仮に「a pen to write with a pen」としてしまうと、「ペンで書くためのペン」という意味になってしまいます。おかしいですよね?


前の問題→「謝罪する」
次の問題→「話しかける」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 11:27| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「前置詞」B

高校英語「前置詞」B「謝罪する」

■問題 次の英文の不適切な箇所を訂正して英文を書き直してください。

You had better apologize him for being late.


「apologize」は「謝罪する」ですね。


解答解説はこのページ下
なお、誤所訂正の問題は、模範解答のほかにも何通りもの直し方が可能な場合が多々ありますが、ここでは、もとの文からの変更が最小で済む方法のみまたは、高校英語として標準的な方法のみを示しています。あらかじめご了承ください。




■解答

You had better apologize him for being late.
→You had better apologize to him for being late. (あなたは彼に遅れたことを謝罪した方がよいです)


■解説

「彼に謝罪する」のときの「〜に」に相当する意味は、apologizeには含まれていないので、「彼に謝罪する」と言うときは前置詞toが必要になります。
これは日本語訳を考えただけではまずわからないでしょうから、まずは熟語として

「彼に謝罪する」=「apologize to him」

と覚えるとよいと思います。


前の問題→「〜を盗まれる」
次の問題→「〜で書く」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 11:09| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「前置詞」A

高校英語「前置詞」A「〜を盗まれた」

■問題 次の英文の不適切な箇所を訂正して英文を書き直してください。

The man was robbed his watch.


「〜を盗まれた」という文ですね。


解答解説はこのページ下
なお、誤所訂正の問題は、模範解答のほかにも何通りもの言い方が可能な場合が多々ありますが、ここでは、もとの文からの変更が最小で済む方法のみまたは、高校英語として標準的な方法のみを示しています。あらかじめご了承ください。




■解答

The man was robbed his watch.
→The man was robbed of his watch. (その男は時計を盗まれました)


■解説

「盗む」というと「steal」が真っ先に思い浮かぶ人が多いと思いますが、
仮に「The man was stolen」としてしまうと、「その男が盗まれた」つまり、その男の持ち物ではなく「その男自身が盗まれた」という意味になってしまいます。
もちろん、「彼自身が盗まれることもあるだろう」という意見もあると思います。確かにその通りですが、この文では後ろに「his watch」とも書いてありますし、盗まれたのは「彼の時計」のはずですね。
だから、「robbed→stolen」とするのは普通は不適切です。

「rob of 〜」は「〜を奪う」という意味なので、受け身にすると「〜を奪われる」→「〜を盗まれる」という内容を表すことができます。
「〜を盗まれる」という意味にするためには、前置詞ofが必要だ。というわけです。


前の問題→「議論する」
次の問題→「謝罪する」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 10:56| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「前置詞」@

高校英語「前置詞」@「議論する」

■問題 次の英文の不適切な箇所を訂正して英文を書き直してください。

We discussed about the matter.


自動詞・他動詞に関する問題です。


解答解説はこのページ下
なお、誤所訂正の問題は、模範解答のほかにも何通りもの言い方が可能な場合が多々ありますが、ここでは、もとの文からの変更が最小で済む方法のみまたは、高校英語として標準的な方法のみを示しています。あらかじめご了承ください。




■解答

We discussed about the matter.
→We discussed the matter. (私たちはその問題について議論しました)


■解説

discuss(〜を議論する)は、他動詞です。つまり、動詞の意味自体に「〜を」が入っています。だから、「〜を」に相当する前置詞aboutは必要ない。というわけです。

逆に自動詞は「〜を」の意味を含まないので、動詞の対象を言うためには前置詞が必要になります。


次の問題→「〜を盗まれた」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 10:41| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

高校英語「関係詞」D

高校英語「関係詞」D (関係詞の前に前置詞があるとき)

次の英文の括弧内に適切な関係詞を入れてください。

That is the restaurant at (   ) I will meet you.


レストランは場所ですが、空欄の直前に前置詞atがあります。


この問題は、次の書籍のP.38にも掲載されています。


前の問題→所有格の関係代名詞


That is the restaurant at (   ) I will meet you.

「あれは私があなたに会う予定のレストランです」という意味ですね。

先行詞はthe restaurantであることはわかりやすいと思います。

「レストランは場所なので、関係詞はwhere」・・・と思いがちですが、「whichかwhereか」の問題でも解説しましたように、場所だからといってwhereになるとも限りません。

この問題では関係詞を入れる空欄の前に、前置詞atがあります。
これは、後半部分の「I will meet you」のところに「the restaurant」を言うためには前置詞atが必要で、そのatが関係代名詞と一緒に前に移動してきたと考えられます。
いわゆる「前置詞+関係代名詞」の形です。
前置詞+関係副詞の形にはならないので、「直前に前置詞があれば関係代名詞」と考えることもできます。

That is the restaurant at (which) I will meet you.


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 09:09| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

高校英語「関係詞」C

高校英語「関係詞」C(「〜の」)

次の英文の括弧内に適切な関係詞を入れてください。

He gave me a book (   ) cover was torn.


tornはtearの過去分詞形で、「破られた」→「破れている」という意味です。


この問題は、次の書籍のP.38にも掲載されています。


前の問題→先行詞がないとき


He gave me a book (   ) cover was torn.

括弧の前までは、「彼は私に本をくれました」
括弧から後は、「その本のカバーは破れていました」

という意味になると推測できると思います。

括弧の中には、「その本の」という内容を表す関係詞が入れば良いので、
所有格の関係代名詞「whose」が入ればOKです。

また、直後に名詞「cover」があるので、名詞にかかることができる言葉が入るから所有格。と考えることもできます。

He gave me a book (whose) cover was torn. (彼は私にカバーが破れている本をくれました)


次の問題→前置詞があるとき


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 23:23| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

高校英語「関係詞」B

高校英語「関係詞」B(whichまたはwhere)

次の英文の括弧内に適切な関係詞を入れてください。

This is the village (   ) my wife was born.


先行詞はthe villageだからwhich?それとも場所だからwhereでしょうか?


この問題は、次の書籍のP.38にも掲載されています。


前の問題→先行詞がないとき


This is the village (   ) my wife was born.

the villageはもちろん「その村」という意味で、人ではないので、関係代名詞を入れるならばwhichになります。
でも、「その村」は場所だから関係副詞whereを入れる。かも知れません。

これらは、後ろに続く節に先行詞の内容を言うならば、前置詞が必要になるかならないかで見分けることができます。

先行詞はthe villageなので、

うしろの「my wife was born」にthe villageを続けるためには、何か前置詞が必要かどうか。ということです。
まずはそのままthe villageを入れてみましょう。

my wife was born the village

と言ったら不自然ですね。
普通は

my wife was born in the village

と言うはずです。
この「in the village」を1語の関係詞にして前に移動したと考えられるので、この場合はwhereを入れるのが正しい。というわけです。

This is the village (where) my wife was born. (これは私の妻が生まれた村です)


ここでは空欄は括弧1つだったので、1語で答えましたが、

This is the village in which my wife was born.

などとしてもほぼ同じ意味です。


次の問題→「〜の」の関係代名詞


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 08:10| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

高校英語「関係詞」A

高校英語「関係詞」A(先行詞がないとき)

次の英文の括弧内に適切な関係詞を入れてください。

She is (   ) we call a walking dictionary.


「a walking dictionary」は「歩く辞書」ですね。


この問題は、次の書籍のP.38にも掲載されています。


前の問題→理由のとき


She is ( ) we call a walking dictionary.

「a walking dictionary」は普通は「歩く辞書」と訳します。
知ってる人も多いと思いますが、念のため一言説明しておくと、とても物知りの人のことを「歩く辞書」と言う場合があります。

空欄に何かの関係詞を入れて、文の意味を考えると、

「彼女は私たちが呼ぶところの歩く辞書です」
→「彼女はいわゆる歩く辞書です」

こんな意味になると推測できるのではないかと思います。

「いわゆる」は熟語として「what we call」または「what you call」で覚えておくとよいと思います。
また、関係代名詞は普通は先行詞が必要ですが、関係代名詞のwhatは先行詞を含む関係代名詞で、今回の問題の空欄はbe動詞の直後だからここではwhatを入れる。と考えることもできます。

She is (what) we call a walking dictionary.


次の問題→whichかwhereか


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 21:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校英語「関係詞」@

高校英語「関係詞」@(理由のとき)

次の英文の括弧内に適切な関係詞を入れてください。

There is no reason (   ) you should do it.


reasonは「理由」ですね。


この問題は、次の書籍のP.38にも掲載されています。


There is no reason ( ) you should do it.

「There is ...」は「〜がある」
「reason」は「理由」

なので、空欄に何が入るかわからなくても、

「あなたがそれをすべき理由はありません」

などの意味になることは推測できると思います。

空欄以降が「何についての理由か」を表すので、関係詞は「why」を用いる。
と考えれば、多くの場合は大丈夫です。


次の問題→先行詞がないとき


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 16:59| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

高校英語「分詞構文」B

高校英語「分詞構文」B (否定文のとき)

次の英文を分詞構文を使って同じ内容で書き換えてください。

As I didn't know what to do, I went to him for advice.


前回の問題はこちら


この問題は、次の書籍のP.5にも掲載されています。



分詞構文にするときは、基本的に

・接続詞を消す
・主語が前後で同じときは、接続詞があった方の主語を消す
・動詞を現在分詞形にする

という書き換え方をします。

今回の英文では、

・接続詞はas
・前後の主語はIで同じ
・動詞はknow

です。
今回は否定文なので、現在分詞形の動詞の前にnotを置いて、

Now knowing what to do, I went to him for advice.
(何をしたらいいかわからなかったので、彼に助言を求めにいきました)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 10:35| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

高校英語「分詞構文」A

高校英語「分詞構文」A(主語が違う場合)

次の英文を分詞構文を使って同じ内容で書き換えてください。

When night came on, she went indoors.


前回の問題はこちら


この問題は、次の書籍のP.5にも掲載されています。



分詞構文にするときは、基本的に

・接続詞を消す
・主語が前後で同じときは、接続詞があった方の主語を消す
・動詞を現在分詞形にする

という書き換え方をします。

今回の英文では、

・接続詞はwhen
・前後の主語はnight, sheだから違っている
・動詞はcame

だから、

Night coming on, she went indoors. (夜が来て、彼女は屋内に入りました)

このように書き換えることができます。

もとの文

When night came on, she went indoors.

と比較して、違いをよく確認しておくとよいと思います。


次の問題→否定文の場合


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 08:05| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

高校英語「分詞構文」@

高校英語「分詞構文」@(基本的な分詞構文)

次の英文を分詞構文を使って同じ内容で書き換えてください。

When he saw a policeman, he ran away.


この問題は、次の書籍のP.5にも掲載されています。



分詞構文にするときは、基本的に

・接続詞を消す
・主語が前後で同じときは、接続詞があった方の主語を消す
・動詞を現在分詞形にする

という書き換え方をします。

今回の英文では、

・接続詞はwhen
・前後の主語は同じhe
・動詞はsaw

だから、

Seeing a policeman, he ran away. (警察官を見ると、彼は逃げました)

このように書き換えることができます。
現在分詞形の動詞が、接続詞の意味も含んでいると考えることもできますね。


次の問題→主語が違う場合


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ラベル:英語
posted by えま at 09:32| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

高校英語「関係詞」「ことわざ」

高校英語「関係詞」「ことわざ」

■問題
かっこ内に適切な関係詞を入れてください。

There is no rule (   ) has some exceptions.


■ポイント
「例外のないルールはない」という意味になると考えるのがノーマルです。


この問題は、「プロ家庭教師・翻訳者が教える「最重要ポイントだけ」高校英文法問題集(前編) 」のP.43にも掲載されてます。



■解答
There is no rule (but) has some exceptions.

後半部分は「例外を持っている」という意味なので、否定の意味を含む関係詞を入れる必要があります。
だから「but」です。

ちなみに、同じ内容のことわざとしては「There is no general rule without some exceptions.」の方が一般的かも知れません。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | 高校英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN