2016年06月15日

2016年センター化学基礎第1問 問6 共有結合について

2016年センター化学基礎の問題集に追加しました。

問題
物質とそれを構成する化学結合との組合せとして[適当でないもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 6 ]
@|塩素|共有結合|
A|アンモニア|配位結合|
B|銅|金属結合|
C|塩化ナトリウム|イオン結合|
D|炭酸カルシウム|イオン結合と共有結合|
ところで、共有結合とはどんな結合?

@複数の原子で、原子を共有している結合
A複数の原子で、電子を共有している結合
B複数の原子で、陽子を共有している結合
C複数の原子で、中性子を共有している結合
D甘酸っぱい青春の思い出を共有する俺とお前


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学基礎の考え方」の問題集を選択してください。
今のところは無料で自由に利用できます。

2016年06月14日

2016年センター化学基礎第1問 問5 無極性分子について

2016年センター化学基礎の問題集に追加しました。

問題
問5 無極性分子であるものを、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 5 ]
@CO2  AHF  BCH3Cl
CH2O  DHCN
「無極性分子」とは?

@酸性でも塩基性でもない分子
A対称的な形の分子構造をもつ分子
B高分子化合物
C水溶性の物質の分子


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学基礎の考え方」の問題集を選択してください。
今のところは無料で自由に利用できます。

2016年06月11日

2016年センター化学基礎より。電子式に関する問題

2016年センター化学基礎の問題を追加しました。

問題
問4 二つの原子XとZからなる分子XZの電子式を次に示した。XZとして最も適当なものを、下の@〜Dのうちから一つ選べ。ただし、XとZは同じ原子であってもよい。[ 4 ]

:X≡Z:
(実際のセンターでは、≡の部分は点を並べて書いてある)

@HCl  AN2  BNO
CO2  DF2

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学基礎の考え方」の問題集を選択してください。
今のところは無料で自由に利用できます。

2016年06月07日

2016年センター化学基礎の問題集を追加しました

高校化学のアプリに、2016年センター化学基礎の問題集を追加しました。
今のところは無料で自由に利用できます。
例えばこんな問題を掲載しています。

問題
問1 [単体でないもの]を、次の@〜Eのうちから一つ選べ。[ 1 ]
@黒鉛  A単斜硫黄  B水銀
C赤リン  Dオゾン  E水晶
そもそも「単体」とは?

@1種類の物質
A1種類の個体
B1個だけの物質
C1種類の元素からなる物質
D単純なヤツ

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学基礎の考え方」の問題集を選択してください。

2016年06月01日

2016年センター化学第7問 問1 トリペプチドに含まれる窒素

2016年センター化学の問題集に追加しました。

問題
グリシン(C2H5NO2)3分子からなる鎖状のトリペプチドに含まれる窒素の質量パーセントとして最も適当な数値を、次の@〜Eのうちから一つ選べ。
@17  A18  B19
C20  D22  E25
そもそも「トリペプチド」とは?

@アミノ酸が3個のペプチド結合でつながってできた物質
A3個のアミノ酸がペプチド結合でつながってできた物質
B糖類が3個のペプチド結合でつながってできた物質
C3個の単糖がペプチド結合でつながってできた物質
Dトリ・・・?鳥?取り?

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月31日

2016年センター化学第6問 問2B ナイロン6の単量体

いわゆる「ナイロン」の構造に関する問題です。

問題
次の高分子化合物(A・B)の原料(単量体)として最も適当なものを、下の@〜Eのうちから一つずつ選べ。
B ナイロン6 [ 3 ]
@CH2−CH2−C=O
 |      |
 CH2−CH2−NH

AH2C−CH2−CH2−C=O
   \       /
    CH2−CH2−NH

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月29日

2016年センター化学題6問 問2 ポリメタクリル酸メチルの単量体

いわゆる「アクリル樹脂」に関する問題です。

問題
次の高分子化合物(A・B)の原料(単量体)として最も適当なものを、下の@〜Eのうちから一つずつ選べ。
A ポリメタクリル酸メチル [ 2 ]
B    CH3
     |
 CH2=C−COOH

C    CH3
     |
 CH2=C−COOCH3

DCH2=CH−COOCH3

ECH2=CH−OCOCH3


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

なお、実際の設問では@〜Eから選ぶ問題でしたが、少しの知識があれば、事実上この4択にはすぐに絞れるので、アプリでは4択としました。

2016年05月25日

2016年センター化学第6問 問1 共重合と物質量の比

数日ぶりに化学の問題を追加しました。

問題
アクリロニトリル(C3H3N)とブタジエン(C4H5)を共重合させてアクリロニトリル−ブタジエンゴムをつくった。このゴム中の炭素原子と窒素原子の物質量の比を調べたところ、19:1であった。共重合したアクリロニトリルとブタジエンの物質量の比(アクリロニトリルの物質量:ブタジエンの物質量)として最も適当なものを、次の@〜Fのうちから一つ選べ。[ 1 ]
@4:1  A3:1  B2:1  C1:1
D1:2  E1:3  F1:4
このときは普通は、アクリロニトリルをx[mol]、ブタジエンをy[mol]使用するとして方程式を作るが、どんな方程式になる?

@x+y=19
Ax:y=19:1
B3x:4y=19:1
C3x+4y:x=19:1
D3x+5y:x=19:1


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月20日

2016年センター化学第5問 問2 グルコースの性質など

2016年センター化学より。
グルコースに関する問題は、大学入試の定番です。

問題

問2 糖に関する記述として下線部に[誤りを含むもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 2 ]
@単糖であるグルコースの分子式はC6H12O6なので、グルコース単位からなる二糖のマルトースの分子式は[C12H24O12]となる。
Aスクロースから得られる転化糖は、[還元性を示す]。
Bα−グルコースとβ−グルコースは、[互いに立体異性体である]。
C単糖であるグルコースとフルクトースは、[互いに構造異性体である]。
Dグルコースの鎖状構造と環状構造では、[不斉炭素原子の数が異なる]。

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月18日

2016年センター化学第5問 問1 高分子の性質や用途

化学の問題集に追加しました。
2016年センター化学より。

問題
問1 高分子の性質や用途に関する記述として[誤りを含むもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 1 ]

@合成高分子には、酵素や微生物によって分解されるものがある。
A陰イオン交換樹脂は、強塩基の水溶液で処理することにより再生できる。
B生ゴムに硫黄を数パーセント加えて加熱すると、弾性が小さくなる。
Cポリエチレンテレフタラート(PET)は、合成繊維として衣服などに用いられる。
Dカルボン酸のナトリウム塩を分子内に含む網目構造の高分子は、高い吸水性をもち、紙おむつなどに用いられる。

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月12日

2016年センター化学題4問 問4 有機物の幾何異性体

構造式も長いし、「幾何異性体」ということで難しそうに見える問題です。

問4 次の化合物は植物精油の成分の一つである。この構造式で示される化合物には幾何異性体はいくつあるか。下の@〜Gのうちから一つ選べ。[ 4 ](構造式はPCで見ることをオススメします)

    CH3        CH3        CH3
    |         |         |
CH3−C=CH−(CH2)2−C=CH−(CH2)2−C=CH−CH2OH

@幾何異性体は存在しない  A2  B3
C4  D5  E6
F7  G8
幾何異性体の数を調べるには、何に注目する?

@CH3の個数
A単結合の部分
B二重結合の部分
C三重結合の部分
D物質ごとに個数を暗記するしかない


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月09日

2016年センター化学第4問 問3 不飽和脂肪酸の水素付加に関する問題

2016年センター化学第4問より。
見た目は難しそうですが、ポイントがわかればそれほどでもないです。

問題
1種類の不飽和脂肪酸(RCOOH,Rは鎖状の炭化水素基)からなる油脂A5.00×10^(-2)molに水素を反応させ、飽和脂肪酸のみからなる油脂を得た。このとき消費された水素は0℃,1.013×10^5Paで6.72Lであった。この油脂A中のRの化学式として最も適当なものを、下の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 3 ]

R−COO−CH2
      |
R−COO−CH
      |
R−COO−CH2
   油脂A

@C15H31  AC15H29  BC17H33
CC17H31  DC17H29

このときいえることは?

@水素の物質量=油脂の物質量
A水素の体積=油脂の体積
B不飽和脂肪酸の単結合の物質量=水素の物質量
C不飽和脂肪酸の二重結合の物質量=水素の物質量
D飽和脂肪酸の物質量=水素の物質量

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月06日

2016年センター化学第4問 問2 ナトリウムフェノキシドと塩化ベンゼンジアゾニウム

引き続き、2016センター化学第4問問2の選択肢を詳しく見ていきます。

問2 フェノールまたはナトリウムフェノキシドの反応に関して、実験操作と、その反応で新しくつくられる炭素との組み合わせとして[適当でないもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 2 ]
 |実験操作|新しく作られる炭素との結合|
Dナトリウムフェノキシド水溶液を冷却した塩化ベンゼンジアゾニウム水溶液に加える。|C−N|
このときは何ができる?

@フェノール
Aアニリン
Bpヒドロキシアゾベンゼン
Cアセトアニリド
Dpアミノアゾベンゼン


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年05月04日

2016年センター化学第4問 問2ナトリウムフェノキシドと二酸化炭素

今回追加した問題は、ある物質の生成の過程の反応として有名なアレです。

問2 フェノールまたはナトリウムフェノキシドの反応に関して、実験操作と、その反応で新しくつくられる炭素との組み合わせとして[適当でないもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 2 ]
 |実験操作|新しく作られる炭素との結合|
Cナトリウムフェノキシドと二酸化炭素を高温・高圧のもとで混合する。|C−C|
この場合は何ができる?

@フェノール
Aフェノールフタレイン
Bサリチル酸
Cサリチル酸ナトリウム


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

このように、センター試験の解答そのものを問うのではなく、選択肢を検討するために知っているべき事柄を問う問題を多数掲載しています

2016年05月03日

2016年センター化学第4問 問2 フェノールに混酸

2016年センター化学より。

問2 フェノールまたはナトリウムフェノキシドの反応に関して、実験操作と、その反応で新しくつくられる炭素との組み合わせとして[適当でないもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 2 ]
 |実験操作|新しく作られる炭素との結合|
A|フェノールに濃硝酸と濃硫酸の混合物を加えて加熱する。|C−S|
これが適当でないが、実際は何ができる?

@何もできない
Aベンゼンスルホン酸
Bニトロベンゼン
Cサリチル酸
Dピクリン酸

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

このように、センター試験の解答そのものを問うのではなく、選択肢を検討するために知っているべき事柄を問う問題を多数掲載しています。

2016年05月01日

2016年センター化学第4問 問2 フェノールと臭素水

2016年センター化学の問題集に問題を追加しました。

問2 フェノールまたはナトリウムフェノキシドの反応に関して、実験操作と、その反応で新しくつくられる炭素との組み合わせとして[適当でないもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 2 ]
 |実験操作|新しく作られる炭素との結合|
@|フェノールに臭素水を加える。|C−Br|
この場合にできる物質は?

@ベンゼン
Aブロモベンゼン
Bブロモフェノール
C2,4,6-ブロモフェノール

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

このように、センター試験の解答そのものを問うのではなく、選択肢を検討するために知っているべき事柄を問う問題を多数掲載しています。

2016年04月30日

2016年センター化学第4問 問1 炭化水素の構造に関する問題

センター化学の問題を追加しました。

問1 有機化合物の構造に関する記述として下線部に[誤りを含むもの]を、次の@〜Dのうちから一つ選べ。[ 1 ]
@炭素原子間の距離は、エタン、エチレン(エテン)、アセチレンの順に[短くなる]。
Aエタンの炭素原子間の結合は、その結合を軸として[回転できる]。
Bエチレン(エテン)の炭素原子間の結合は、その結合を軸として[回転することはできない]。
Cアセチレンでは、すべての原子が[同一直線上にある]。
Dシクロヘキサンでは、すべての炭素原子が[同一平面上にある]。

これはそのまま正解を選ぶ問題としています。

解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。
某予備校が無料公開している解説より詳しいですよ(笑)

2016年04月29日

2016年センター化学第3問 問6 純度を求める問題

2016年センター化学の問題を追加しました。

問題
問6 不純物を含む鉄ミョウバン(FeK(SO4)2・12H2O)の固体5.40gをすべて水に溶かし、水溶液を調製した。その水溶液に充分な量の塩化バリウム水溶液を加えて、完全に反応させると、硫酸バリウムの白色沈殿が4.66g生成した。鉄ミョウバンの純度(質量パーセント)として最も適当な数値を、次の@〜Eのうちから一つ選べ。ただし、不純物は沈殿を生成しないものとし、すべての硫酸イオンは硫酸バリウムとして沈殿したものとする。またFeK(SO4)2の式量は287,BaSO4の式量は233とする。[ 8 ]%

@47  A53  B73  C86  D93

このときはまず最初に何をする?

@鉄ミョウバンの物質量を求める
A硫酸イオンの物質量を求める
B硫酸バリウムの物質量を求める
C鉄ミョウバンの純度を求める
D塩化バリウム水溶液の質量を求める


解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学の考え方」の問題集を選択してください。

2016年04月27日

高校化学 生成熱とは?

以前から掲載中の問題をご紹介します。

問題
生成熱とは?

@ある物質を生成するときの熱量
Aある物質1molを生成するときの熱量
B水や空気などの化合物からある物質1molを生成するときの熱量
C構成元素の単体からある物質1molを生成するときの熱量
D心の中で何かが弾けたときの火照るような気持ち

このように、基本的な用語の意味を問う問題を多数掲載しています。
解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「熱化学方程式・ヘスの法則」の問題集を選択してください。

2016年04月25日

2016年センター化学第3問 問5 沈殿は何か?

先ほど高校化学の問題を追加しました。

問5 Al3+,Ba2+,Fe3+,Zn2+を含む水溶液から、図3の実験により各イオンをそれぞれ分離することができた。この実験に関する記述として[誤りを含むもの]を、下の@〜Eのうちから一つ選べ。[ 7 ]
[Al3+,Ba2+,Fe3+,Zn2+]
↓ ←操作a:アンモニア水を加える

(沈殿)[2種の金属イオンを含む]  (ろ液)[2種の金属イオンを含む]

↓ ←操作b:水酸化ナトリウム水溶液を加える   ↓ ←操作c:硫化水素を通じる

(沈殿ア)  [ろ液イ]           (沈殿ウ)  [ろ液]
C沈殿アを塩酸に溶かしてK4[Fe(CN)6]水溶液を加えると、濃青色沈殿が生じる。
沈殿アは結局何か?

このように、選択肢の理由もしっかり考えるための問題も掲載しています。
解答・解説はここ→http://pmana.jp/pc/pm603.html
「2016年センター化学より」の問題集を選択してください。
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:40
職業:家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN