2019年09月05日

高校生物「体液性免疫」

高校生物「体液性免疫」

空欄に適語を入れよ。

体内に侵入した異物が(@)として認識され、リンパ球の一種である(A)によって作られた(B)の作用で異物が排除される免疫反応を体液性免疫という。


解答はこのページ下に掲載します。


センター過去問生物+生物基礎


生物の書籍


@抗原,AB細胞,B抗体

体内に侵入した異物が抗原として認識され、リンパ球の一種であるB細胞によって作られた抗体の作用で異物が排除される免疫反応を体液性免疫という。


関連事項
体液性免疫のしくみ
主な白血球


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 22:00| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

高校生物「免疫」「二次応答」「体液性免疫」

高校生物「免疫」「二次応答」「体液性免疫」

免疫に関する重要ポイントに「二次応答」があります。

二次応答とは、一度排除した抗原と同じ抗体が体内に侵入したときに起こる急速で強い免疫反応です。

1回目の抗原刺激によって分化したB細胞とヘルパーT細胞の一部は「免疫記憶細胞」として残っており、2回目以降の抗原刺激があれば、急速に抗体を産生するようになります。

この性質を利用しているのが予防接種です。
一度注射をして一次応答が起こり、ある病原体の情報を持つB細胞とヘルパーT細胞が体内に存在していれば、同じ病原体が体内に侵入したときに、すぐに抗体を産生して、病気にかかりにくくなったり、かかったとしても重症化しにくくなる。というわけですね。

この二次応答に関して、血液中の抗体量を縦軸に、日数や時間を横軸に取ったグラフを使った問題がよく出題されます。
たいていは盛り上がった場所が2カ所あり、1カ所目は小さな山、2カ所目は大きな山になっているグラフになっていると思います。
1カ所目の小さな山が「一次応答」、2カ所目の大きな山が「二次応答」です。

一次応答の時点では、免疫記憶細胞がないので、抗体の産生に時間がかかり、抗体量も少ない。
二次応答では、免疫記憶細胞があるので、即座に大量に抗体が産生される。

と理解できます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 23:17| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

解答★意外と解けない?高校生物問題「ミクロメーター」

解答★意外と解けない?高校生物問題「ミクロメーター」


問題ページはこちら


(1) 対物ミクロメーターには1mmを100等分した目盛りがつけられている。対物ミクロメーターの1目盛りの長さは何μmか?

これは知識は必要ありません。
・・・いや、単位の知識は必要ですね(笑)

1mm=1000μm(マイクロメートル)ですね。

「1mmを100等分」だから、1000μmを100等分すれば

1000÷100=10μm

です。


(2) 接眼ミクロメーターを接眼レンズにいれ、対物ミクロメーターを100倍で観察したところ、対物ミクロメーター3目盛りと接眼ミクロメーター5目盛りが一致した。接眼ミクロメーター1目盛りの長さを求めよ。

対物ミクロメーターは1目盛りが10μmであることがわかりました。

「対物ミクロメーター3目盛りと接眼ミクロメーター5目盛りが一致」なので、

接眼ミクロメーター5目盛りは、3×10=30μmの幅であることを意味します。

ならば、1目盛りは・・・

30÷5=6μm

ですね!


このコーナーでは、「基本だし、わかれば難しくないけど、意外と解けない人が多い問題」を中心に掲載していきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         無断転載等はご遠慮ください。(c)江間淳
posted by えま at 10:17| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

意外と解けない?高校生物問題「ミクロメーター」

意外と解けない?高校生物問題「ミクロメーター」

(1) 対物ミクロメーターには1mmを100等分した目盛りがつけられている。対物ミクロメーターの1目盛りの長さは何μmか?
(2) 接眼ミクロメーターを接眼レンズにいれ、対物ミクロメーターを100倍で観察したところ、対物ミクロメーター3目盛りと接眼ミクロメーター5目盛りが一致した。接眼ミクロメーター1目盛りの長さを求めよ。


計算問題が苦手で生物を選ぶ人が多いためか、生物選択の高校生は、こういったミクロメーターの問題がわからない。という人が多いです。
みなさんはどうですか?


解答解説はこちら


このコーナーでは、「基本だし、わかれば難しくないけど、意外と解けない人が多い問題」を中心に掲載していきます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         無断転載等はご遠慮ください。(c)江間淳
posted by えま at 10:51| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

高校生物「生物の多様性と生態系」「バイオーム」

高校生物「生物の多様性と生態系」「バイオーム」

バイオームとは、ある地域に生息している生物の集まりのことです。

植生は、気温や降水量によってほぼ決まり、高校生物では特に「年降水量」と「年平均気温」のグラフとの関連で、「どういった降水量&気温ならば、どういった植生か」を理解・記憶している必要があります。

気温や降水量の条件によって植生が決まるので、バイオームの分類は、地理の気候区分と多くの部分が共通しています。

例えば、地理の砂漠気候はバイオームの砂漠と対応しています。
ステップも同様です。
砂漠とステップで、乾燥帯気候ですね。

気候区分と完全に一致するとは限りませんが、おおむね一緒なので、地理をやっている人は特に、地理の知識と結びつけておくと覚えやすいと思います。

ツンドラは寒帯です。だから、とても寒い(年平均気温がマイナス10℃前後)です。

サバンナ、熱帯多雨林と亜熱帯多雨林、雨緑樹林は、おおむね熱帯気候ですね。
高温で乾燥しているのがサバンナ、最も高温多雨なのが熱帯多雨林、熱帯多雨林のすぐ隣のゾーンが亜熱帯多雨林です。
サバンナと熱帯多雨林&亜熱帯多雨林の間に挟まれているゾーンが雨緑樹林です。

高温多湿の方が植物の生長に適しているため、熱帯気候に対応するバイオームは比較的多様になっている。と理解できます。

針葉樹林は冷帯や高山気候、夏緑樹林と照葉樹林、硬葉樹林は温帯で、
グラフでは寒い方から順に、針葉樹林→夏緑樹林→照葉樹林および硬葉樹林と並びます。
照葉樹林は温暖湿潤気候と、硬葉樹林は地中海式気候とおおむね対応します。


この記事では、地理の気候区分と対応して簡単に解説してみましたが、地理の知識が無い人は(ある人もぜひ)・・・一度は自分でグラフを描いてみることをおすすめします!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
         無断転載等はご遠慮ください。(c)江間淳


posted by えま at 15:43| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月25日

高校生物(用語)「系統樹」

高校生物(用語)「系統樹」

★系統樹(phylogenetic tree)

生物の進化の系統を描いた図のこと。様々な種が共通の祖先から分岐してきた様子を表す。
生物の類縁関係を樹木が枝分かれするように描いたために「系統樹」と名付けられた。


関連問題
「生物の共通性と多様性の起源」


★★ お知らせ ★★

【個別指導のプロフェッショナルによるネット授業】全学年全教科対応1回15分の「お手軽コース (仮)」

1回15分で大問1問〜2問程度の疑問点を解決します!
大学受験程度までの内容ならば、全学年全教科対応可能です。
SkypeやZoomによるビデオ通話を用いて、授業を行います。
疑問が生じたら、すぐに質問すぐに解決!

詳しくはメールや掲示板でお問い合わせください


江間淳の書籍はこちら
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

生物は、図や写真を眺めたり、書き写したりすることも勉強になります!市販の資料集的な書籍といえばこれが良いでしょう!
posted by えま at 19:09| Comment(0) | 高校生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN