2022年07月31日

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権B

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権B

◆問題

空欄に適語を入れてください。

平清盛は娘徳子(建礼門院)を高倉天皇の中宮に入れ、その子の(@)天皇を即位させ外戚として威勢を振るい、平氏一門が官職につくなど、摂関政治と類似した体制をとったため、排除された旧勢力からは強い反発を受けた。

(A)法皇の近臣との対立が深まると、1177年に藤原成親や僧の(B)らが、京都郊外の鹿ヶ谷で平氏打倒を図ったが失敗した(鹿ヶ谷の陰謀)。そこで清盛は1179年、(A)法皇を鳥羽殿に幽閉し、関白以下多数の貴族を処罰し、官職を奪って国家機構をほとんど手中におさめた。
こうした清盛の権力の独占は、かえって院や貴族、寺社、源氏などの反対勢力の結集を促し、平氏の没落を早める結果となった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@安徳、A後白河、B俊ェ

平清盛は娘徳子(建礼門院)を高倉天皇の中宮に入れ、その子の安徳天皇を即位させ外戚として威勢を振るい、平氏一門が官職につくなど、摂関政治と類似した体制をとったため、排除された旧勢力からは強い反発を受けた。

後白河法皇の近臣との対立が深まると、1177年に藤原成親や僧の俊ェらが、京都郊外の鹿ヶ谷で平氏打倒を図ったが失敗した(鹿ヶ谷の陰謀)。そこで清盛は1179年、後白河法皇を鳥羽殿に幽閉し、関白以下多数の貴族を処罰し、官職を奪って国家機構をほとんど手中におさめた。
こうした清盛の権力の独占は、かえって院や貴族、寺社、源氏などの反対勢力の結集を促し、平氏の没落を早める結果となった。


前の問題→平氏政権A
次の問題→院政期の文化@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月30日

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権A

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

平忠盛以来力を入れていた日宋貿易については、11世紀後半以降、日本と高麗・宋とのあいだで商船の往来が活発となり、12世紀に宋が女真人の(@)に圧迫されて南宋となってからは、さかんに貿易が行われた。これに応じて平清盛は、摂津の(A)を修築するなどして、貿易を推進した。宋船のもたらした珍宝や(B)・書籍は、以後の日本文化や経済に大きな影響を与え、平氏政権の経済的基盤の一つとなった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@金、A大輪田泊、B宋銭

平忠盛以来力を入れていた日宋貿易については、11世紀後半以降、日本と高麗・宋とのあいだで商船の往来が活発となり、12世紀に宋が女真人のに圧迫されて南宋となってからは、さかんに貿易が行われた。これに応じて平清盛は、摂津の大輪田泊を修築するなどして、貿易を推進した。宋船のもたらした珍宝や宋銭・書籍は、以後の日本文化や経済に大きな影響を与え、平氏政権の経済的基盤の一つとなった。


前の問題→平氏政権@
次の問題→平氏政権B


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権@

日本史「院政と平氏の台頭」平氏政権@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

平治の乱の後、平清盛は(@)を造営するなどの奉仕をした結果、(A)年に太政大臣となり、子の重盛ら一族も高位高官を得て、平氏は全盛期を迎え、全国の知行国の約半分と500にのぼる荘園を掌握した。武士団の一部を(B)に任命し、畿内から瀬戸内海を経て九州まで西国一帯の武士を家人とした。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@蓮華王院、A1167、B地頭

平治の乱の後、平清盛は蓮華王院を造営するなどの奉仕をした結果、1167年に太政大臣となり、子の重盛ら一族も高位高官を得て、平氏は全盛期を迎え、全国の知行国の約半分と500にのぼる荘園を掌握した。武士団の一部を地頭に任命し、畿内から瀬戸内海を経て九州まで西国一帯の武士を家人とした。


前の問題→保元・平治の乱A
次の問題→平氏政権A


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月28日

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱B

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱B

◆問題

空欄に適語を入れてください。

院政を始めた後白河上皇の近臣間の対立から(@)年に平治の乱がおこった。(A)と結ぶ藤原通憲に対し、近臣の一人藤原信頼は(B)と結んで兵を挙げ、藤原通憲を自殺に追い込んだ。だが、信頼や(B)は、平清盛によって滅ぼされ、(B)の子の頼朝は伊豆に流された。

これら保元・平治の乱により、貴族社会内部の争いも武士の実力で解決されることが明らかになり、(A)の地位と権力は急速に高まった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@1159、A平清盛、B源義朝

院政を始めた後白河上皇の近臣間の対立から1159年に平治の乱がおこった。平清盛と結ぶ藤原通憲に対し、近臣の一人藤原信頼は源義朝と結んで兵を挙げ、藤原通憲を自殺に追い込んだ。だが、信頼や義朝は、平清盛によって滅ぼされ、義朝の子の頼朝は伊豆に流された。

これら保元・平治の乱により、貴族社会内部の争いも武士の実力で解決されることが明らかになり、平清盛の地位と権力は急速に高まった。


前の問題→保元・平治の乱A
次の問題→平氏政権@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱A

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

1156年、鳥羽法皇が死去すると、(@)上皇は摂関家の継承をめぐり兄の関白(A)と争っていた左大臣藤原頼長と結んで、源為義・平忠正らの武士を集めた。これに対し後白河天皇は、(A)や藤原通憲の進言により、(B)や為義の子源義朝らの武士を動員し、(@)上皇方を破った。その結果、(@)上皇は讃岐に流され、為義らは処刑された(保元の乱)。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@崇徳上皇、A藤原忠通、B平清盛

1156年、鳥羽法皇が死去すると、崇徳上皇は摂関家の継承をめぐり兄の関白藤原忠通と争っていた左大臣藤原頼長と結んで、源為義・平忠正らの武士を集めた。これに対し後白河天皇は、忠通や藤原通憲の進言により、平清盛や為義の子源義朝らの武士を動員し、崇徳上皇方を破った。その結果、崇徳上皇は讃岐に流され、為義らは処刑された(保元の乱)。


前の問題→保元・平治の乱@
次の問題→保元・平治の乱B


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月26日

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱@

日本史「院政と平氏の台頭」保元・平治の乱@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

武家の棟梁としての源氏が東国に勢力をのばすと、(@)に土地を寄進して保護を求めるものが増えたため、朝廷はあわてて寄進を禁止した。

伊勢・伊賀を地盤とする伊勢平氏は、院と結んで勢力を伸ばした。なかでも平正盛は、出雲で反乱をおこした(@)の子義親を討ち、平正盛の子(A)は、瀬戸内海の海賊平定などで(B)の信任を得て、殿上人となって貴族の仲間入りをした。(A)の子の平清盛は、平氏の勢力をさらに伸ばした。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@源義家、A平忠盛、B鳥羽上皇

武家の棟梁としての源氏が東国に勢力をのばすと、源義家に土地を寄進して保護を求めるものが増えたため、朝廷はあわてて寄進を禁止した。

伊勢・伊賀を地盤とする伊勢平氏は、院と結んで勢力を伸ばした。なかでも平正盛は、出雲で反乱をおこした源義家の子義親を討ち、平正盛の子忠盛は、瀬戸内海の海賊平定などで鳥羽上皇の信任を得て、殿上人となって貴族の仲間入りをした。忠盛の子の平清盛は、平氏の勢力をさらに伸ばした。


前の問題→院政期の社会A
次の問題→保元・平治の乱A


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月25日

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の社会A

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の社会A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

大寺院も多くの荘園を所有し、下級僧侶を僧兵として組織し国司と争い、神木や神輿を先頭に立てて朝廷に強訴して要求を通そうとした。これに対する警護や鎮圧に(@)を用いたため、(@)の中央政界への進出をまねくことになった。

地方では各地の(@)が館を築き、一族や地域の結びつきを強めた。奥羽地方では(A)が陸奥の平泉を根拠地として奥羽全域を支配した。奥州藤原氏は(A)・(B)・(C)の3代100年にわたって、金や馬などの産物の富で京都文化を移入し、北方との交易によって独自の文化を育て、繁栄を誇った。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@武士、A藤原清衡、A基衡、B秀衡

大寺院も多くの荘園を所有し、下級僧侶を僧兵として組織し国司と争い、神木や神輿を先頭に立てて朝廷に強訴して要求を通そうとした。これに対する警護や鎮圧に武士を用いたため、武士の中央政界への進出をまねくことになった。

地方では各地の武士が館を築き、一族や地域の結びつきを強めた。奥羽地方では藤原清衡が陸奥の平泉を根拠地として奥羽全域を支配した。奥州藤原氏は清衡・基衡・秀衡の3代100年にわたって、金や馬などの産物の富で京都文化を移入し、北方との交易によって独自の文化を育て、繁栄を誇った。


前の問題→院政期の社会@
次の問題→保元・平治の乱@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月24日

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の社会@

日本史「院政と平氏の台頭」院政期の社会@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

院政期には私的な土地所有が広まり、権力は広く分散し、社会を実力で動かそうとする風潮が強まり、中世社会が始まった。

上皇の周囲には、受領や后妃・乳母の一族など(@)と呼ばれる一団が形成され、収益の豊かな国を与えられた。特に、鳥羽上皇の時代には、院の周辺に荘園の寄進が増加した。また、不輸・(A)をもつ荘園が一般化し、不入の権は(B)にまで拡大され、荘園の独立性が高まった。

この頃には(C)や院分国の制度が広まって、公領は上皇や知行国主・国司の私領のようになり、院政を支える経済的基盤となった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@院近臣、A不入の権、B警察権の排除、C知行国

院政期には私的な土地所有が広まり、権力は広く分散し、社会を実力で動かそうとする風潮が強まり、中世社会が始まった。

上皇の周囲には、受領や后妃・乳母の一族など院近臣と呼ばれる一団が形成され、収益の豊かな国を与えられた。特に、鳥羽上皇の時代には、院の周辺に荘園の寄進が増加した。また、不輸・不入の権をもつ荘園が一般化し、不入の権警察権の排除にまで拡大され、荘園の独立性が高まった。

この頃には知行国や院分国の制度が広まって、公領は上皇や知行国主・国司の私領のようになり、院政を支える経済的基盤となった。


前の問題→院政の開始A
次の問題→院政期の社会A


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月23日

日本史「院政と平氏の台頭」院政の開始A

日本史「院政と平氏の台頭」院政の開始A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

上皇は仏教を厚く信仰し、出家して法皇となり、六勝寺などを造営し、堂塔・仏像をつくって盛大な法会をおこない、紀伊の熊野詣や高野詣を繰り返した。また、京都郊外の白河や鳥羽に離宮を造営したが、その費用の調達のため成功などの(@)がさかんになった。

院政は、自分の子孫に皇位を継承させようとするところから始まったが、院が政治の実権を握るようになり、(A)・(B)・(C)と100年余りも続き、摂関家は院と結びつくことで勢力を盛り返そうとした。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@売位・売官、A白河上皇、B鳥羽上皇、C後白河上皇

上皇は仏教を厚く信仰し、出家して法皇となり、六勝寺などを造営し、堂塔・仏像をつくって盛大な法会をおこない、紀伊の熊野詣や高野詣を繰り返した。また、京都郊外の白河や鳥羽に離宮を造営したが、その費用の調達のため成功などの売位・売官がさかんになった。

院政は、自分の子孫に皇位を継承させようとするところから始まったが、院が政治の実権を握るようになり、白河上皇・鳥羽上皇・後白河上皇と100年余りも続き、摂関家は院と結びつくことで勢力を盛り返そうとした。


前の問題→院政の開始@
次の問題→院政期の社会@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月22日

日本史「院政と平氏の台頭」院政の開始@

日本史「院政と平氏の台頭」院政の開始@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

白河天皇は、1086年に幼少の(@)天皇に位を譲ると、上皇として院庁を開き、院政を開始した。国司(A)たちの支持を受けた白河上皇は、人事権を握り、源平の武士を側近として院の御所に(B)を組織するなど、院の権力を強化した。(@)天皇の死後には、院庁からくだされる文書の院庁下文や、院の命令を伝える(C)が国政一般に効力をもつようになった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@堀河、A受領、B北面の武士、C院宣

白河天皇は、1086年に幼少の堀河天皇に位を譲ると、上皇として院庁を開き、院政を開始した。国司(受領)たちの支持を受けた白河上皇は、人事権を握り、源平の武士を側近として院の御所に北面の武士を組織するなど、院の権力を強化した。堀河天皇の死後には、院庁からくだされる文書の院庁下文や、院の命令を伝える院宣が国政一般に効力をもつようになった。


前の問題→延久の荘園整理令と荘園公領制A
次の問題→院政の開始A


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月21日

日本史「院政と平氏の台頭」延久の荘園整理令と荘園公領制A

日本史「院政と平氏の台頭」延久の荘園整理令と荘園公領制A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

国司は、国内を郡・郷・保などの新たな単位に再編成し、支配下にある公領で力をのばしてきた豪族や開発領主を郡司・郷司・保司に任命して徴税を請け負わせた。また、田所・税所などの国衙の行政機関を整備し、(@)に実務をとらせた。

(@)や郡司らは、公領を自らの領地のように管理したため、律令制度の国・郡・里と、荘・郡・郷が並立する(A)制に変化していった。
この体制での荘園や公領では、耕地の大部分は名とされ、(B)などの有力な農民に割り当てられ、(B)らは権利を次第に強め名主と呼ばれた。名主は名を下人や作人などに耕作させながら、年貢・公事・夫役などを領主におさめ、農民の中心となった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@在庁官人、A荘園公領、B田堵

国司は、国内を郡・郷・保などの新たな単位に再編成し、支配下にある公領で力をのばしてきた豪族や開発領主を郡司・郷司・保司に任命して徴税を請け負わせた。また、田所・税所などの国衙の行政機関を整備し、在庁官人に実務をとらせた。

在庁官人や郡司らは、公領を自らの領地のように管理したため、律令制度の国・郡・里と、荘・郡・郷が並立する荘園公領制に変化していった。
この体制での荘園や公領では、耕地の大部分は名とされ、田堵などの有力な農民に割り当てられ、田堵らは権利を次第に強め名主と呼ばれた。名主は名を下人や作人などに耕作させながら、年貢・公事・夫役などを領主におさめ、農民の中心となった。


前の問題→延久の荘園整理令と荘園公領制@
次の問題→院政の開始@


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月20日

日本史「院政と平氏の台頭」延久の荘園整理令と荘園公領制@

日本史「院政と平氏の台頭」延久の荘園整理令と荘園公領制@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

関白藤原頼道の娘には皇子が生まれなかったので、時の摂政・関白を外戚としない(@)が即位し、学識にすぐれた大江匡房などを登用し国政の改革に取り組んだ。

1069年に延久の荘園整理令を出し、(A)を設けて、荘園の所有者から提出された証拠書類(券契)と国司の報告とをあわせて審査し、基準にあわない荘園を停止した。この荘園整理によって、貴族や寺社の支配する荘園と、(B)の支配する公領(国衙領)とが明確になった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@後三条天皇、A記録荘園券契所(記録所)、B国司

関白藤原頼道の娘には皇子が生まれなかったので、時の摂政・関白を外戚としない後三条天皇が即位し、学識にすぐれた大江匡房などを登用し国政の改革に取り組んだ。

1069年に延久の荘園整理令を出し、記録荘園券契所を設けて、荘園の所有者から提出された証拠書類(券契)と国司の報告とをあわせて審査し、基準にあわない荘園を停止した。この荘園整理によって、貴族や寺社の支配する荘園と、国司の支配する公領(国衙領)とが明確になった。


前の問題→源氏の進出A
次の問題→延久の荘園整理令と荘園公領制A


中世まとめ原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

日本史「地方政治の展開と武士」源氏の進出A

日本史「地方政治の展開と武士」源氏の進出A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

陸奥北部では豪族安倍氏の勢力が強まり国司と争っていたが、源頼信の子(@)は陸奥守として子の義家とともに安倍氏と戦い、出羽の豪族清原氏の助けを得て安倍氏を滅ぼした(A)。その後、清原氏に内紛がおこると、陸奥守となっていた源義家が介入し、(B)を助けて内紛を制圧した(C)。(B)の子孫の奥州藤原氏は、陸奥の平泉を根拠地として奥羽地方を支配し、源氏はこれらの戦いを通じて武家の棟梁としての地位を固めていった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@源頼義、A前九年合戦、B藤原清衡、C後三年合戦

陸奥北部では豪族安倍氏の勢力が強まり国司と争っていたが、源頼信の子頼義は陸奥守として子の義家とともに安倍氏と戦い、出羽の豪族清原氏の助けを得て安倍氏を滅ぼした(前九年合戦)。その後、清原氏に内紛がおこると、陸奥守となっていた源義家が介入し、藤原清衡を助けて内紛を制圧した(後三年合戦)。清衡の子孫の奥州藤原氏は、陸奥の平泉を根拠地として奥羽地方を支配し、源氏はこれらの戦いを通じて武家の棟梁としての地位を固めていった。


前の問題→源氏の進出@
次の問題→延久の荘園整理令と荘園公領制@


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

日本史「地方政治の展開と武士」源氏の進出@

日本史「地方政治の展開と武士」源氏の進出@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

中央貴族の血筋を引く(@)や(A)を棟梁とした源平両氏は、武家を形成して大きな勢力を築いた。
1028年、上総で平忠常の乱がおこると、(B)はこの乱を鎮圧し、源氏の東国進出のきっかけをつくった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@清和源氏、A桓武平氏、B源頼信

中央貴族の血筋を引く清和源氏桓武平氏を棟梁とした源平両氏は、武家を形成して大きな勢力を築いた。
1028年、上総で平忠常の乱がおこると、源頼信はこの乱を鎮圧し、源氏の東国進出のきっかけをつくった。


前の問題→地方の反乱と武士の成長C
次の問題→源氏の進出A


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月17日

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長C

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長C

◆問題

空欄に適語を入れてください。

武士の実力を知った朝廷や貴族は、彼らを侍として奉仕させ、9世紀末に設けられた(@)のような宮中の警備や、貴族の身辺警護になどに当たらせたりした。なかでも、摂津の(A)の源満仲とその子の頼光・頼信兄弟は、摂関家へ奉仕し威勢を高めた。地方では武士を館侍や国侍として組織するとともに、(B)や押領使にも任命した。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@滝口の武者、A清和源氏、B追捕使

武士の実力を知った朝廷や貴族は、彼らを侍として奉仕させ、9世紀末に設けられた滝口の武者のような宮中の警備や、貴族の身辺警護になどに当たらせたりした。なかでも、摂津の清和源氏の源満仲とその子の頼光・頼信兄弟は、摂関家へ奉仕し威勢を高めた。地方では武士を館侍や国侍として組織するとともに、追捕使や押領使にも任命した。


前の問題→地方の反乱と武士の成長B
次の問題→源氏の進出@


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月16日

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長B

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長B

◆問題

空欄に適語を入れてください。

伊予の国司であった(@)も、瀬戸内海の海賊を率いて(@)の乱をおこし、伊予の国府や太宰府を攻め落としたが、清和源氏の祖である(A)らによって討たれた。これらの乱をあわせて(B)という。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@藤原純友、A源経基、B天慶の乱

伊予の国司であった藤原純友も、瀬戸内海の海賊を率いて藤原純友の乱をおこし、伊予の国府や太宰府を攻め落としたが、清和源氏の祖である源経基らによって討たれた。これらの乱をあわせて天慶の乱という。


前の問題→地方の反乱と武士の成長A
次の問題→地方の反乱と武士の成長C


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月15日

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長A

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

やがてこれらの武士たちは連合体をつくるようになり、国司の子孫などを中心に武士団が成長し始めた。
東国に早くから根を下ろした桓武平氏のうち、(@)は(A)を根拠地にして一族と争ううち、国司とも対立するようになり、939年には(@)の乱を起こした。(@)は常陸・下野・上野の国府を攻め落とし、東国の大半を占領して新皇と称したが、(B)・藤原秀郷らによって討たれた。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@平将門、A下総、B平貞盛

やがてこれらの武士たちは連合体をつくるようになり、国司の子孫などを中心に武士団が成長し始めた。
東国に早くから根を下ろした桓武平氏のうち、平将門下総を根拠地にして一族と争ううち、国司とも対立するようになり、939年には平将門の乱を起こした。将門は常陸・下野・上野の国府を攻め落とし、東国の大半を占領して新皇と称したが、平貞盛・藤原秀郷らによって討たれた。


前の問題→地方の反乱と武士の成長@
次の問題→地方の反乱と武士の成長B


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長@

日本史「地方政治の展開と武士」地方の反乱と武士の成長@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

9世紀末から10世紀には地方豪族や有力農民は、勢力を維持・拡大するために武装するようになり、各地で紛争が発生した。その鎮圧のため中・下級貴族が押領使・(@)に任じられ、そのまま(A)などとして現地に残り、武士となるものが現れた。
彼らは一族や郎党を率いて闘争を繰り返し、ときには国司にも反抗した。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@追捕使、A在庁官人

9世紀末から10世紀には地方豪族や有力農民は、勢力を維持・拡大するために武装するようになり、各地で紛争が発生した。その鎮圧のため中・下級貴族が押領使・追捕使に任じられ、そのまま在庁官人などとして現地に残り、武士となるものが現れた。
彼らは一族や郎党を率いて闘争を繰り返し、ときには国司にも反抗した。


前の問題→荘園の発達A
次の問題→地方の反乱と武士の成長A


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月13日

日本史「地方政治の展開と武士」荘園の発達A

日本史「地方政治の展開と武士」荘園の発達A

◆問題

空欄に適語を入れてください。

貴族や寺社の権力を背景に、(@)を承認される荘園がしだいに増加した。やがて、荘園領主の権威を利用して、(A)の特権を得る荘園も増加した。その結果、(B)から中央に送られる税収が減少し、封戸などの収入が不安定になった天皇家や摂関家・大寺社は、積極的に荘園の拡大をはかるようになった。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@不輸、A不入、B受領

貴族や寺社の権力を背景に、不輸を承認される荘園がしだいに増加した。やがて、荘園領主の権威を利用して、不入の特権を得る荘園も増加した。その結果、受領から中央に送られる税収が減少し、封戸などの収入が不安定になった天皇家や摂関家・大寺社は、積極的に荘園の拡大をはかるようになった。


前の問題→荘園の発達@
次の問題→地方の反乱と武士の成長@


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月12日

日本史「地方政治の展開と武士」荘園の発達@

日本史「地方政治の展開と武士」荘園の発達@

◆問題

空欄に適語を入れてください。

10世紀後半には、有力農民や国司の子孫たちの中に、一定の領域を開発するものが現れ、11世紀に(@)と呼ばれるようになった。

(@)の中には、税の負担を逃れるために所領を中央の権力者に寄進し、自らは預所や下司などの荘官となるものも現れた。寄進を受けた荘園の領主は領家と呼ばれ、この荘園がさらに上級の貴族や皇族に重ねて寄進された時、上級の領主は(A)と呼ばれた。こうしてできた荘園を(B)と呼ぶ。


解答はこのページ下


用語集ならコレ!

日本史用語集 改訂版 A・B共用


@開発領主、A本家、B寄進地系荘園

10世紀後半には、有力農民や国司の子孫たちの中に、一定の領域を開発するものが現れ、11世紀に開発領主と呼ばれるようになった。

開発領主の中には、税の負担を逃れるために所領を中央の権力者に寄進し、自らは預所や下司などの荘官となるものも現れた。寄進を受けた荘園の領主は領家と呼ばれ、この荘園がさらに上級の貴族や皇族に重ねて寄進された時、上級の領主は本家と呼ばれた。こうしてできた荘園を寄進地系荘園と呼ぶ。


前の問題→受領と負名B
次の問題→荘園の発達A


原始・古代まとめ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 20年以上の実績。全学年、英・数・理をはじめ全教科対応
  最高級の指導を提供します!メール添削も好評です!

プロ家庭教師の江間です。    AE個別学習室(えまじゅく)
http://www.a-ema.com/k/     http://www.a-ema.com/j/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
posted by えま at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こんなヤツです
名前:江間淳
年齢:41
職業:プロ家庭教師、AE個別学習室(えまじゅく)代表、翻訳者
ウェブサイトURL:http://www.a-ema.com/
メールアドレス:j@a-ema.com
一言:アプリ、メルマガ、電子書籍提供中です。アマゾンやGooglePlayで「江間淳」で検索!
江間淳の書籍一覧 → http://amzn.to/2m9LTvN